ジャイアント・ピーチ(1996)

ジャイアント・ピーチ

ジャイアント・ピーチ James and The Giant Peach/ティム・バートン監督の世界観はブログで紹介中の彼らにもピッタリはまりますね(^^♪

James and the Giant Peach (1996) Trailer (VHS Capture)

映画の概要

ティム・バートン監督の作品には

目のない自分なのですが、こちらの

「ジャイアント・ピーチ」も同監督の

作品です。

主人公のジェームスがいつかどこかで見た

「星の王子様」によく似たキャラクターで

ほんわかしてしまうアニメ映画となって

います。

ジャイアント・ピーチのような

大きなピーチ食べて見たいですよね~!

このアニメ映画を見て思い出したのが、

👽宇宙人コンタクティーの坂本廣志氏です。

坂本氏が今まで会って来た宇宙人の

お話がいつも面白いのですが、

クモ型宇宙人や、竜神に乗った話は、

このティム・バートンの世界、

ジャイアント・ピーチであったり、

ネバー・エンディング・ストーリーの

ファルコンを思い起こさせられて

しまいます。

ロアルド・ダール原作の童話

「おばけ桃の冒険」を元に同監督が

映画化したのですが、この世界観は

子供だけでなく、壮大な宇宙や夢を

信じる大人にも十分楽しめる作品と

なっています。

両親に囲まれていつも幸せいっぱいの

ジェームス少年だったのですが、突然の

出来事で両親を亡くしてしまいます。

その後、冷酷な二人の叔母に引き取られます。

毎日過酷な労働を強いられながらも

幼いジェームスは懸命に生きていました。

そしてある日の事、不思議な老人に出会い、

不思議な緑色の物体をもらいます。

それを桃の木の根元に落としてしまうと、

桃の木に今まで一切、実らなかった桃が

実り、やがてそれはジャイアント・ピーチ、

巨大な桃を実らせます。

そこから不思議な事が次々と起こり、

ジェームスは友達になったクモさんや

ムカデさん、ミミズさんなどと一緒に

冒険の旅へと出かけます。

このようなお話は、子供だけが

理解できる童話の世界という感じが

するかもしれませんが、

アレックス・コリアー氏のお話や

坂本廣志氏、そしてクラリオン星人の

そうた君などに起きたお話(Nice 日本人!)

などを聞いていると、宇宙人やパラレルワールド、

5次元~13次元、本当にあると私自身は

まじめに信じています。

だって、私の元にも毎日のように

今でもUFO(アミと私は勝手に

思い込み( ´艸`)(笑))は来てくれて

いますから~

☟ティム・バートン監督の作品☟

アリス・イン・ワンダーランド

フランケンウィニー

ビートルジュース

チャーリーとチョコレート工場

コープスブライド

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

ティム・バートンのコープスブライド

コララインとボタンの魔女

ビッグフィッシュ

マーズアタック

原題:James and The Giant Peach
製作国:アメリカ
日本公開日:1996年12月14日
上映時間:79分

声の出演

リチャード・ドレイファス、スーザン・サランドン、サイモン・キャロウ、デヴィッド・シューリス

監督:ヘンリー・セリック
製作:デニーズ・ディ・ノヴィ、ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする