「マーズ・アタック/Mars Attacks!」(1996)火星人にそっくりでも可愛すぎる地球人を発見(動画をUPしました)!

マーズ・アタック

「マーズ・アタック」(1996)

Mars Attacks! (1996) Official Trailer #1 – Jack Nicholson, Pierce Brosnan Sci-Fi Comedy

引用元: Movieclips Classic Trailers

☟The way of speaking is exactly the same( ̄∀ ̄) そっくりな地球人(笑)☟
Talking Twin Babies – PART 2 – OFFICIAL VIDEO
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

ティム・バートンの作品

SFブラックコメディ映画です。

ずいぶん前、何年前だったか

覚えていないのですが、一度見た映画です。

ティム・バートン監督の作品

というのは知らずにその時には

視聴していました。

というより、ティム・バートン監督と

いう人に関しても知らずにいました。

ハチャメチャSFコメディで、

私の最も大好きな不思議な

印象の残る映画でした。

つまり、とても面白かったと

いう印象です。

ティム・バートン監督の作品には、

なぜなのかはわからないのですが、

いつも記憶に深く残り、決して

忘れられないというのが、

私の中では監督の作品の

特徴としてあります。

波長が合うというのでしょうか。

ティム・バートンの作品を全て

見た訳ではないのですが、

ほとんどの作品に、不思議な

ティム・バートン監督独特の

世界観を感じます。

こちらの「マーズ・アタック」は

1962年にアメリカで発売された

トレーディングカード(マーズ・アタック」が

原案となって作成された映画です。

ジャック・ニコルソン含め、下記にあげる

ような、主演をいつも務める

豪華な有名俳優陣の勢ぞろいで

さらに面白さが増しています。

ティム・バートン監督の作品の特徴として、

‘見て楽しめる’というのがあります。

登場人物の見た目も面白いデザインに

溢れていて、見て楽しめると

いった特徴があります。

今回の映画では、頭が人間の脳みそを

丸出しにしたような形と、目が飛び出して

いる火星人が出演します。

彼らは、突然、UFOに乗って

やって来るのですが、アメリカでは

和平的に対応する派と

戦争派に分かれます。

そんな中、大統領のデイルは、

火星人を歓迎一色で迎えようと

するのですが、この火星人は

見た目も残酷な容姿をしていましたが、

内面的にも地球人である人間の

常識が通じない異星人でした。

地球人でいう、いわゆる「サイコパス」です。

残酷な事を、まるで日常的な食事をするかの

ごとくやってしまう異星人だったのです。

「サイコパス」をご存知でしょうか。

時折、人間界の中にも、そのような人が

生まれて来る事があります。

普段は普通に会社に通勤するような人が

家では、子供を虐待する事をいかにも

日常的に普通のルーティーンのように、

良心の痛みもなく、毎日の食事のように

やってしまったりするような人の事を言います。

このような人々には、普通の人間が

感じる良心の傷みとかいうのが全くなく、

それは、普通なら残酷な事でも、

彼らにとっては毎日の3食の食事の

ような感覚しかないのです。

普通の人間の常識が通じない生物です。

私から言わせると「人間界の突然変異」

としかたとえようがありません。

「マーズ・アタック」の火星人が正に、

このタイプの人間と同じ種類でした。

さて、アメリカの政府の中では

2つに意見が分かれます。

事態は深刻な状態へと突入して

しまうのですが、人類の未来は

「サイコパス」という、異星の

進化した高度な科学を持つ異星人に

翻弄されてしまう事が目に見えて

わかって来るのですが、

果たして人類にとって、高度な

科学技術を持った「サイコパス」に

遭遇した後、良い未来は

やって来るのでしょうか…?!

地球は乗っ取られてしまい、破滅への

道を歩むのでしょうか。

それとも、回避できる道は

あるのでしょうか…?!

☟ティム・バートン監督の作品で現在紹介中の作品

「ビッグ・フィッシュ」(2004)

「ビートルジュース」(1988)

「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)

「チャーリーとチョコレート工場」(2005)

「コープスブライド」(2005)