トランス・ワールド(2011)

トランス・ワールド ENTER NOWHERE/ガス欠で偶然たどり着いた森の小屋で出会った3人の生きていた時代も場所も違っていたら…!?

「トランス・ワールド」予告

映画の概要

クリント・イーストウッドの息子

スコット・イーストウッドが主役の

トムを演じています。

出会った場所がトランスワールド

で、よく出来たSFサスペンス映画です。

現在、科学が進歩し、この世界は過去も

現在も未来も同時に存在していて、

時間の概念はないという科学者も

いたりするようです。

時間の概念が無いというのが真実か

そうでないか、その詳細は私も科学者

ではないのでわかりません。

ただ、過去や未来からやって来るという

タイムトラベラーが本当に存在するので

あれば、時間の概念は無いに等しい

のかもしれません。

2011年アメリカ製作、日本劇場未公開作品です。

アカデミー賞受賞スタッフが手掛ける緻密な脚本が、

映画を見始めるとついその世界にはまってしまう

面白さのある映画です。

クリント・イーストウッドの息子

スコット・イーストウッド主演でおくる

SFサスペンス。監督は、ジャック・ヘラー。

ある場所で道に迷った数人が寒さの中

たどり着いた小屋を中心に繰り広げる

ドラマです。

人里離れた森の中。ドライブ中にガス欠になり、

ガソリンを買いに行った夫を待つサマンサでしたが、

なかなか戻らない夫を待つうちに、森の中の小屋で

数人と遭遇する事になります。

そこでサマンサは、同じように車のトラブルで

立ち往生しているトムに出会います。

最初はトムを警戒していたサマンサでしたが、

彼が親切な良い人というのがわかり、一緒に

夫を待つことにします。

そして小屋の前でもう1人、女性が倒れて

いるのを見つけ、サマンサは彼女をマイナス気温の

寒さから助けるために、小屋に引き入れます。

ジョディと名乗る女性は恋人と強盗をした後で、

どうして小屋にたどり着いたのかが、記憶を

無くしているのか、わからない様子。

寒さと飢えから3人は協力し合い、次第に

打ち解けていくのですが、3人ともガス欠などで

森に入り迷い込んだのに3人がいたはずの現在地や

時代が全く異なることに気付き始めます…。

原題:ENTER NOWHERE
製作国:アメリカ
製作年:2011年
日本劇場公開日:未公開
上映時間:90分

出 演

サラ・パクストン、スコット・イーストウッド、キャサリン・ウォーターストーン、ショーン・サイポス、クリストファー・デナム

監督: ジャック・ヘラー
製作: ジャック・ヘラー、ダラス・ソニアー
製作総指揮: ショーン・クリステンセン、ジェイソン・ドラン
脚本: ショーン・クリステンセン、ジェイソン・ドラン

今すぐ見たいFull movie

字幕Nico

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする