天才スピヴェット(2013)

天才スピヴェット

天才スピヴェット / 家族も先生も理解しなかった天才少年科学者の発明…授賞式で衝撃のスピーチとは?!

映画『天才スピヴェット』予告編

映画の概要

フランス・カナダ合同制作映画です。

モンタナの広々とした大牧場で育った

10歳の少年スピヴェットには、

双子の弟がいます。

そして、カウボーイが大好きで

カウボーイになりきってしまって

いる父親と母親は昆虫博士、

そんな両親の元に生まれます。

彼には、将来はアイドルになる事を

目指す姉もいたのですが、

家族は天才であるスピヴェットよりも、

天才でない双子の弟の方を

いつも可愛がっている気が

していたのでした。

生まれながらに天才なのに、

同じ双子なのに、兄である自分だけが

天才的な頭脳を持って生まれたのに、

なぜか、家族も学校の先生も、

それほど彼を理解してくれないで

いました。

ある日、弟の突然の事故死。

家族は皆心から悲しんでいました。

そんな中、アメリカの有名な

スミソニアン学術協会から、

突然の知らせが届きます。

何と、スピヴェットに、

ベアード賞受賞の知らせです。

その賞というのは、最も優れた

発明に贈られる賞だったのです。

周囲の理解もなかなか得られない

スピヴェットは、授賞式に参加する

為に家出を決意します。

アメリカ大陸横断となる遠い所への

家出です。

まだ10歳の彼は、家出を無事に決行し、

アメリカ横断を成し遂げて、

受賞会場まで到達する事が

出来るのでしょうか。

双子の弟の突然死に、

家族は心から悲しみ、

そしてスピヴェット自身も

分身の片割れである双子の弟を

失った事で、本当は

心は悲しみでいっぱいでした。

彼の授賞式への旅立ちから

家族は、どのようになるのでしょうか。

そして授賞式での彼の衝撃的な

心のスピーチとは…!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする