「光をくれた人」(2016)The Light Between Oceans 流産を繰り返す妻に突然神様が他人の子供を授けたら…あなたならどうしますか?

光をくれた人

「光をくれた人」(2016)

The Light Between Oceans

ファスベンダー&ヴィキャンデルが夫婦役…映画『光をくれた人』予告編

引用元: シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

脱線の多い映画解説をどうかお許しくださいませ(^^♪!

第一次世界大戦後、トムは英雄となって

故郷に帰って来たのですが、

心を閉ざしていました。

彼の気持ちは、沢山の戦友が亡くなって

行った中自分は生き残ってしまい、

残りの人生は一人静かに孤独を求めて

生きていく事でした。

そんな中、出会った美しく優しく

快活なイザベル。

初対面の食事の時からお互いに、

どこか惹かれたまま、トムは

オーストラリアの孤島に渡り、

灯台守となって生きていました。

孤独に生きることを求めていた

とは言え、人というのは本当に

孤独で一生生きるというのは

難しいものです。

ましてや、孤島に渡る前に出会った

素敵な女性のイザベルとお互いに

惹かれあっていた二人は、手紙の

やり取りを続ける中で結婚を

決意します。

灯台守をやっているトムの元に

イザベルは嫁ぎ、共に暮らす事になります。

新妻になったイザベルは何度か

妊娠して待望の子供を授かると

いう事になるのですが、残念な事に

流産を繰り返してしまいます。

意気消沈するイザベルでした。

そんなある日、ボートが浜辺に

流れ着きます。

そのボートの中にいたのは、

泣きじゃくる女の子の赤ん坊と

一人のドイツ人男性でした。

父親であろうドイツ人の男性は

既に息絶えていたのですが、赤ん坊は

生きていて、その子供を二人は保護します。

トムは赤ん坊が元気になったら警察に

届ける事をすすめるのですが、イザベルは

自分で育てる事を選択し、トムは仕方なく

彼女の希望を受け入れます。

ところがある日、実の母親「ハナ」が

生きていて、必死で赤ん坊を探していた事を

二人は知ります。

実の子供のように育てていたイザベルは

それを知っても、子供を手離すつもりは

なかったのですが、良心の呵責に苛まれた

トムは、実の母親に「あなたの子供は

元気に育っています」という内容の

手紙を出してしまうのでした。

警察の捜索が始まり、その捜索の手が

二人に及びます。

トムは全ての罪を自分が背負い刑務所に入り、

イザベルを守ろうとします。

まだ幼い子供は4歳になり、

おしゃべりでおしゃまな可愛い子供に

成長していたのですが、いきなり新しい母親を

受け入れられず、常にイザベルを思って

実の母親を悩ませます。

イザベルは子供を自分から引き離したトムを

「絶対許さない」と憎んでいました。

トムは誘拐の罪でこのまま一人で罪を

背負うのでしょうか。

この映画は、ワクワク感を求めて映画を見る人に

とっては、面白い映画とは言い難いかもしれません。

映画の流れは、とても静かな流れになっています。

それなのに紹介したのは、良い映画だったからです。

現代社会において、育児放棄や虐待、親子の絆が

薄れかけている社会に「親子」というのは何かと

いうのを少しでも考えさせてくれるという点で

良かったと思えた映画だったからです。

何かの感動をもたらしてくれる映画でした。

【ちょっと脱線】

最近、アンジェリーナジョリーと別れたブラッド・ピットが

前妻のジェニファー・アニストンとよりが戻り、

養子を取るというのがどこかのNews記事で

出ていました。

アンジェリーナジョリーもなかなか魅力的な

女性でしたが、前妻のジェニファー・アニストンは

「フレンズ」という海外ドラマで非常に人気を

博した女優で私自身が大ファンの女性でした。

二人が結婚していた頃、ブラッド・ピットは

アンジェリーナジョリーと映画の共演で出会い、

恋に落ち、いわば不倫です。

ジェニファーを捨て結婚にいたったのですが…

ブラピにとっての「ジェニファー」は

最高の女性とずっと思っていたのですが

もちろんアンジーも素敵な女性です。

ただ「アンジェリーナジョリー」には悪魔的な

魅力を感じさせる女性という感が自分には強く、

それに対して「ジェニファー・アニストン」は、

正統派の女性というイメージが常にあったので

プラピにとっては彼のイメージを良くする女性は

「ジェニファー」の感が強くありました。

虐待や育児放棄をするような親が多い現代社会です。

そんな親の元に子供を置いておくよりは、

血のつながりはなくても、本当に愛してくれる人に

託すというのも一つの手です。