デイ・オブ・ザ・コメット 彗星落下の日(2014)

デイ・オブ・ザ・コメット 彗星落下の日 Le jour de la comète、Day Of The Comet/町に落ちた流れ星隕石に願掛けしたら願いは叶うのか!?

Day Of The Comet

映画の概要

フランス映画というと変わっている感覚の

映画が多いという感がしていて、慣れて

いないせいもあるからかもしれません。

ですが、さすがに芸術の国フランスです。

時に奇想天外で想像をはるかに超える

ストーリーが面白いと思える時があります。

ラストでは、どのような展開が待って

いるのか、結末に目が離せないフランス発の

SFダークコメディ作品です。

ハレー彗星が地球に接近、とある小さな

町に落ちてきます。

彗星、流れ星に願いをかけると叶うと

言われていますが、その願いはそのままの

形で叶うのでしょうか…それとも。

15歳のハワードは空想好きの男の子。

何でも話せる彼の親友は、人間ではなく

クマのぬいぐるみのバーニーでした。

ある日の事、そんなハワードの頭に

彗星のカケラの一部でしょうか?…

隕石が直撃します。

失神をしたハワードはその後目覚めるのですが、

目覚めた彼の前に立っていたのは何と親友の

クマのバーニー…!?

アナは富豪のハロルド邸宅に住み込みで働く

外国からやって来た家政婦でした。

言葉が通じない彼女は、勉強も兼ねての

ロマンス小説を読む事を楽しく続けていました。

そして、夢のような空想?いや妄想?を

抱く彼女にはいつか自分の元に王子様が迎えに

やって来る…そんな事を信じていました。

そして、ついに彼女を訪れる者がいました。

それは、何と驚きの人でした…。

原題:Le jour de la comète、Day Of The Comet
製作国:フランス
製作年:2014年
日本公開日:劇場未公開
上映時間:103分

出 演

エイドリアン・マリク ビアトリス・ドゥ・ラ・ブライユ オーレリアン・ジェグー パスカリーヌ・フェレール ステファン・ルー アリス・ビアール イヴ・アルノー

監督:セドリック・アシャール、エルベ・ フライブルク、セバスチャン・ミルウ
脚本:セドリック・アシャール、エルベ・ フライブルク、セバスチャン・ミルウ
撮影:セバスチャン・ミルウ
音楽:スティーブ・ジャーニー

今すぐ見たいFull molvie

Gyao ~2021/8/1まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする