魔女がいっぱい(2020)

魔女がいっぱい

魔女がいっぱい/The Witches/アン・ハサウェイ演じる魔女が上手すぎてマジ怖い! ホラーファンタジー!

映画『魔女がいっぱい』本予告 2020年12月4日(金)公開

映画の概要

さすがアカデミー賞受賞の女優の演技です。

アンハサウェイの演技がうますぎて

ファンタジーホラーと言えども

マジ怖い映画です。

監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「フォレストガンプ/一期一会」

(1994アカデミー監督賞・作品賞)で一躍その名を

知らしめたロバート・リー・ゼメキス監督

ロバート・リー・ゼメキス監督は私の個人的な

感想なのですが真実を映画の部分部分に

入れてくる監督だと思っています。

信じる信じないは最後は都市伝説として

自身で判断をして下さいね(^o^)b

あなたは見つけられるでしょうか。

アン・ハサウェイの大魔女そっくり!?

下方で紹介の動画です

大魔女に扮したアン・ハサウェイが

大きな口を開けた時に一瞬だけ

舌が二つに分かれているのを。

本当に怖いシーンが続出なので

怖いのが苦手な方には、実はこの映画は

お勧めできません。

なので怖い映画でもファンタジーホラーなら

全然楽しめるという方だけ見てくださいね。

私も見ていてとても怖いと思いましたが、

アン・ハサウェイが、マジ迫力ありすぎて

震えるほど怖かったです。

でも私の場合はファンタジーホラーとして

楽しむことができました。

小さなお子様には怖すぎて、

ちょっと無理かもしれません。

原作者は「ハリーポッター」を

イメージして楽しいファンタジックホラー

として描きたかったのかもしれませんが

あまりにもアン・ハサウェイの演技が

迫力がありすぎて、口裂け魔女ぶりが

とても合っていて、大人の自分でも

本当に怖いと思いました。

この映画は、今年 2020年の10月に

アメリカで劇場公開の予定だったのですが、

新型コロナウィルスの影響でアメリカでは

劇場公開がされず、動画配信サービスのみに

切り替えになった映画でもあります。

この映画は、ハリーポッターを

思わせるファンタジーな世界が、

怖いというのはあるのですが、

私的には面白いと思えた映画でした。

魔女たちが着ている洋服も見もので

ファッショナブルな感覚を楽しむ

こともできる映画です。

悪魔教が本当にあるとしたならば、

魔女がたくさんいても不思議では

無いかもしれません。

でも、くれぐれも小さなお子様には

見せない方が良いと思います。

ちょっと夢に出てきて眠れなく

なっちゃうかもしれません。

主人公の男の子は、8回めのクリスマスを

最後に両親を車の事故で亡くしてしまいます。

その後、彼は優しいおばあちゃんに

引き取られ育てられます。

そういった中で、おばあちゃんの

子供の頃の不思議な魔女の体験話が

実は本当の事で、まさか自分が

同じような魔女に出会うとは

想像もしていませんでした。

おばあちゃんと暮らしながら、

旅行で出かけた先で泊まったホテルで

起きた出来事がやばかったのです。

なんとたくさんの魔女がホテルには

泊まりに来ていたのです。

そこで男の子が見たものは

大魔女のアンビリバボーな

変身ぶりでした。

隠れて見ていたのですが

大魔女は特に嗅覚が鋭くて

見つかってしまうのではないかと

見ていてハラハラドキドキします。

果たして男の子は無事その場から

逃げることができるでしょうか。

その後どのような展開になって

しまうのか、驚愕な出来事が

待ち受けていたのでした。

これ宇宙人👩‍🚀にしか見えない😱びっくり仰天🎅クリスマス🤸‍♀️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする