奇跡がくれた数式/The Man Who Knew Infinity(2016)アインシュタインにも匹敵すると言われたインドの名もなき天才数学者とは!?

奇跡がくれた数式 (2016)

10/22公開 『奇蹟がくれた数式』予告編
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

数々の賞を獲得した映画

「スラムドッグミリオネア」にも

主演をしていた「デーブ・パティール」が

今回の映画でも主演を務めています。

原題:(The Man Who Knew Infinity)は

2015年にイギリスで制作され、

伝記映画として翌年公開されました。

インドのチェンナイで生まれ育った

数学者「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」は

誰にも知られていない、名もなき若き青年でした。

ですが、彼の発する数学の定理は、

飛びぬけて優れたものではあったのですが、

それを証明するのに困難があった為、

学会からは見放されつつありました。

アインシュタインとも並ぶで

あろうとされた名もなき青年の

天才的な頭脳。

それを一体誰が証明できるのでしょうか。

それを証明するのには、等しく優れた

数学者でないと難しいと言えます。

一体、アインシュタインのように

証明する事にさえ、さらに優れた

数学者でないと不可能な訳です。

誰が証明できるのでしょうか。

そのような彼の才能を見出した

もう一人の天才数学者とも言える、

それがケンブリッジ大学の

ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディでした。

人種差別がまだまだ残る世界で

ラマヌジャンは数々の困難に

立ち向かいながら、彼の才能は

どのように生かされて行くのでしょうか。

ハーディは、そのような社会背景の中で

ラマヌジャンを導いて行く事は

可能なのでしょうか。

彼の天才的な数学者としての頭脳は、

ラマヌジャン曰く「閃き(ひらめき)」、

神から来ると彼は言いいます。

数学の優れたその天才的な能力を

彼はどのように証明して行くのでしょうか…?!

ラマヌジャンの優れた能力を見出した

同じように優れた天才数学者と

言われていたハーディにとって

それは可能なのでしょうか…?! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする