ブルース・オールマイティ(2003)

ブルース・オールマイティ

ブルース・オールマイティBruce Almighty/腹がよじれるほど笑えるとはこの映画の事です・ジムキャリーが神の力を持ったらとんでもない事が…?

ブルースオールマイティ

映画の概要

ジム・キャリーの面白度全開の

最高傑作中の一つです。

これまでも彼のコメディアン

としての要素は「マスク」「イエスマン」

「トゥルーマンショー」「ライアーライアー」と

次から次へとヒット作を出して来た

ジム・キャリーですが、

天才コメディアンである彼の

演技力もさることながら、

こちらの「ブルース・オールマイティ」

最高に笑えます。

その一部を見ただけでも、

彼の実力は十分伝わる

でしょう。

笑い転げ過ぎて腹をよじらせて、

お腹をこわさないように

しましょう!!

あらすじ

地方のテレビ局のリポーターを

していたブルース・ノーラン

(ジム・キャリー)の次なる

目標としていたものは、

アンカーマンになる

事でした。

そのチャンスを彼は

とうとう手に入れ、

喜んでいたのも束の間、

中継日直前に、その大役の

座をライバルのエバンに

奪われてしまったのです。

彼は怒りがおさまらず、

仕事も投げやりの滅茶苦茶な

レポートをしてしまい、

テレビ局をクビになって

しまいます。

あまりの不運続きの悲しみから

彼は思わず、天の神様に

向かって悪態をついて

しまうのです。

それを聞いていた神様は

「私の力をお前に与えるから、

代わりに神様になって

神の仕事をしてみなさい」と、

彼に全知全能の神の力を

授けるのですが…。

彼はしっかりと、神様の

代わりを務める事が

できるのでしょうか。

彼に全知全能の力を

与えてしまったら…

一体どうなってしまうの

でしょうか…??

ジム・キャリーの人気作品

マスク」「マスク2」「イエスマン」「グリンチ」「ライアーライアー」「空飛ぶペンギン」「エースベンチュラ」「ふたりの男とひとりの女」「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「トゥルーマン・ショー」「ブルース・オールマイティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする