ショーシャンクの空に(1994) 彼が決して自分から消さなかった〇〇の光とは? そして皆に与えた飲み物とは?

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に/The Shawshank Redemption

希望の2文字はどんな人間からも奪えません (#^o^#) エイエイオー

映画 ショーシャンクの空に 予告編
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

実に素晴らしい映画でした。

ただただ、見てない人には

見てほしいだけです。

人間は間違いを犯し、無実の者を

罪人として刑務所に送る事も

あります。

ただ、本人と神様だけは真実を

知っています。

そして、間違いを犯した者も、

それを閉鎖された塀の中で悔やみ、

苦しみ、長い年月を過ごします。

そんな二人が出会った事から、

この物語は始まって行きました。

アンディ(ティム・ロビンス)は、

銀行副頭取。

頭も切れ、生活も申し分のない

順風満帆にこれまで生きて来ました。

ただ、ある事を除いては。

そのある事のせいで、彼は

大きく人生の歯車を狂わされて

しまうのです。

心から愛していた妻の浮気。

彼は銃を用意し、浮気真っ最中の

現場へと向かいます。

そして、法廷。

彼は妻を殺していないと主張しますが、

不利な状況が重なってしまい、

有罪・終身刑?となり投獄されます。

過酷な刑務所での生活。

日本の刑務所がどのような

ものであるかは、情報的にも

普通は知り得ないのですが、

あらゆる映画や別のメディアからの情報、

また国民性からすると、アメリカの

刑務所というのは、人種の

るつぼであるという理由も

加味してか、過激な人間も多く、

その刑務所生活も想像を

絶するものがあるようです。

そんな中に、お坊ちゃま育ちで、

高い教育も受けた元銀行の

副頭取であるアンディ

刑務所に送られてしまうの

ですが、精神も病んだ人間の

多い中で彼の過酷な刑務所生活は

始まるのでした。

ただ、彼は「希望」の二文字だけは、

いつも心の中から決して排除せず、

したため続けていたのです。

この映画の大きなテーマにも

なっていると思われます。

何人も人の心だけは奪えない、

彼から「希望」だけは、誰も

取り去る事はできませんでした。

精神の病んだ囚人の多い中、

彼は調達屋なる人物、レッド

(モーガン・フリーマン)と出会います。

アンディはいつも孤独で、

主に一人でいましたが、

調達屋レッドを皮切りに

他の仲間とも徐々に、

打ち解けて行きます。

アンディは何の罪で刑務所に

入ったかを聞かれると、

「自分は無実なのです」

と打ち明けます。

すると皆「ここでは皆が俺は無実だと

言い張っていて、皆無実なのさ」と笑い、

誰も彼の言う事を信用する者は

いませんでした。

ただ、ある日アンディレッドに、

彼の犯した罪を聞くと、レッドは正直に

殺人である事を伝え「俺だけは

無実じゃないのさ」と言います。

銀行家のアンディが言う「無実」と、

調達屋のレッドが言う「罪を犯した」

という事実。

この二人だけは正直者だったという事も

神様は見ていたのでしょうか。

そうこうする内に刑務官の

バイロン(クランシー・ブラウン)は、

立ち話で仲間の刑務官に家族の

財産を相続したが、ほとんど相続税で

取られてしまい自分にはわずかな金額しか

残らないという、そのような話を

アンディは偶然聞いてしまいます。

元銀行家の彼は、自分なら大きな金額を

残すようにできる事をバイロンに言い、

実際それをやってみせたのでした。

通常は、大半もの金額を弁護士などに

取られてしまうのですが、アンディは

見返りに自分と仲間に冷えたビールを

プレゼントしてほしい事だけを望み、

仲間は暑い刑務所内での仕事の終わりに、

普通では到底出ないような、冷えたビールに

舌鼓を打ちながらアンディに感謝します。

そういった彼の知識と手腕は

刑務官仲間や所長のサミュエル

(ボブ・ガントン)の耳にも入ります。

多数の刑務官が確定申告などの

知識がなく、税金で困っていたのを

彼のうわさを聞き、

次から次へと彼に助けを求め、彼は

快くそれを快諾し、彼への信頼も

増して行くのでした。

ある日、刑務所の所長は、

自分は聖書を愛し、その章の

ほとんどを覚えていると

豪語します。

ただ、アンディ自身もほとんど

暗誦していて内容を言われただけで

第何章とすぐに答えられるほど

信心深い人間でした。

所長も信心深い人であるのかと

最初は思いましたが、ただ覚えて

いるだけだったのかもしれません。

彼は徐々に欲深い本性を出して来ます。

刑務所が請け負った工事の

料金をピンハネし、それをアンディに

帳簿上問題ないように

作らせていたのでした。

この所長が定年退職した頃には

口座に大きなお金が残り、

大金持ちになる算段で

いたのです。

そんなある日、コソ泥で短い刑期の

トミー(ギル・ベローズ)という人物が

刑務所に入って来ます。

彼はコソ泥を繰り返し、あらゆる

刑務所を転々としていました。

まだ若く、高校も出ていない彼は

愛する家族の事を考え高校卒の

資格を刑務所にいる間に取ろうと

アンディの元、勉学に励むように

なりました。

彼はその資格を取れるのでしょうか。

そして、彼も先生であるアンディの

罪を尋ね、「あなたに人殺しが

出来るのか」と笑いつつ、

詳細を聞いているうちに、他の

刑務所で会っていた囚人が、

「自分が殺したのに、罪を

かぶって銀行家の夫が

つかまった」と大笑いして

話していたのを思い出し、

全く同じ内容である事に

気が付きます。

それをアンディとその仲間たちに

彼は話すのでした。

皆、「アンディは本当に

無実だったのか」と驚きを隠せず、

アンディもその事を所長に話し再審を

要求するのでした。

さて、その再審はいつも自分の帳簿を

手伝ってくれている彼です。

再審を受け入れて無実がわかれば

アンディは刑務所から出て

行けるのです。

所長はトミーを呼び出しその事実を

確認します。

そして、トミーの言っている事が

事実であり、その真犯人の居場所も

わかっているので

再審さえ通ればアンディの無実が

晴らせる事がわかりました。

その後、所長はどのような決断を

下すのでしょうか。

いつも心の中に「希望」の2文字の炎を

消えないようにしたため、希望だけは

失わなかったアンディ。

彼に「希望」の2文字を所長は

与えるべく決心してくれるのでしょうか。

そこからが見ものです。

実に素晴らしい構成でできた

この映画は必見です。

まだ、もしも、見ていないなら

是非見てほしい一押し映画です。

「希望」はどんな時も失っては

いけないのだと、貴方にも

気づかせてくれる映画です。

この映画も、もちろん、Eimy一押しの、

超がつく(笑)

超感動モノの映画です

o(><)o 絶対見てね~!!!

スティーブン・キングの名作映画 「グリーンマイル」「ランゴリアーズ」

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】吹替えvidoza

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする