グリーンマイル(2000) 奇跡の人は無実かもしれない! 受け継いだ力とは? 彼に起きた奇跡の数々とは?

グリーンマイル

アメリカグリーンマイル/The Green Mile(2000)

グリーンマイル – 予告編
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

1932年の大恐慌時代の死刑囚が

収容されている刑務所を舞台と

した物語です。

トム・ハンクス主演の映画、「グリーン・マイル」

スティーブンキング原作、監督はフランク・ダラボン。

トム・ハンクス、魅力あふれる、ナイスガイですよね。

演技力のある俳優として有名なトム・ハンクス

が主演です。

また、この中に出て来る悪役俳優、

サム・ロックウェル。

悪役で出る作品の多い彼ですが、

その悪役ぶりを、彼は実に演じ切っていて、

魅かれてしまいます。

悪役ではあるのですが、その裏の顔は実に

魅力のあるイケメンです。

また、マイケル・クラーク・ダンカンが演じる

第二の主人公とも言えるコーフィー。

この物語がフィクションであろうと、

単なるフィクションに終わらないものを

感じるのは、果たして自分だけでしょうか。

このような人物が、力の程度はあるかも

しれませんが、現実に存在するというのを

私自身は信じているのですが、貴方は

いかがでしょうか。

実話を元に作られたフィクションである気が

してならないのです。

スティーブン・キングは何かを

モデルにこの作品を書き上げた気がして

ならないのです。

コーフィーは、双子の女の子を

殺害したとして、刑務所に死刑囚として

送られるのですが、看守役の

トム・ハンクスが演じるポールは、

この死刑囚コーフィーと接していくうちに、

毎日、彼を見ているうちに、彼が人を

殺せる人ではないという事を悟っていきます。

それどころか、コーフィーが起こす

数々の奇跡の場面に遭遇し、

そこに神を見出だしていくのです。

コーフィーは人の心を透視し、

病気を治すというような、

彼の不思議な力を目撃した

ポールは直感的に、彼は

間違って死刑囚として

送られて来たという事を

察知するのです。

コーフィーが死刑を受ける直前に

ポールはコーフィから、その不思議な

力を引き継がされてしまいます。

コーフィーは、ポールに自分からの

ギフトであると告げて、ポールに

不思議な力を与えるのですが、最後に、

コーフィーを刑務所という檻の中から

逃がすのが神の道であると信じたポールは

彼に「本当はどうしてほしいか

言ってくれ」と尋ねるのですが、

コーフィーは、これ以上生きて

いたくないと、彼の逃がして

しまおうという思いを断るのでした。

逃がしてやりたい、コーフィーが

神によってこの世界に送られたと

信じるポールには、どうしても

死刑囚として処刑させたくない、

逃がしてあげるのが人の道だと

考えるのです。

コーフィーから与えられた不思議な力は、

ポールの長生きと、ミスター・ジングルベルズ

(ペットのネズミの名前)の

長生きにも表われていました。

しかし、ポールはその不思議な力を

長く生きている力を含めて、苦しみとして

生きていくのです。

物語の中で108歳の彼は、沢山の

愛する者たちの死を見送りながら

生き残っていたのですが、彼は、

コーフィーに対しての罪悪感を

ぬぐい切れないで生きていました。

108才になった彼は、神様が

この地上に送ったに違いないコーフィーの

気高い魂を死なせてしまった罰として

長く生きる力を授かって生きていくのだと

思っていました。

コーフィーは彼自身が死ぬ直前、

ギフトとしてあなたに与えると

言って、ポールにそれを贈るのですが、

私自身の感想を言うのなら、

少し残念に感じる部分は、コーフィーが

ギフトとして贈った不思議な力を彼は、

コーフィーを黙って死なせた罰として、

苦しみとして、捉えるところです。

せっかく、コーフィーがギフトだと口にして

贈ったのに、私個人の勝手な思いですが、

長生きするのを苦しみとして取ってほしく

なかったと思うのです。

ギフトとしてコーフィーから授かった以上、

前向きに取ってほしかったと

思えてなりませんでした。

前向きな生き方の一つとして

例をあげるなら、その力を

良い事に使うとか、人の為に

役立てるとか…

いろいろあると思うのです…。

誰よりも長生きできるのなら、

これをチャンスとして捉え、

プラス思考で生きてほしかったと

思えてなりません。

だが、愛する家族、友人たちの死を

何度も見送り、長い時を生き続けて

きた彼自身の苦しみもわかるような

気がします。

ただ、こういうギフトは受けた本人で

しかわからないのかもしれません。

神の道はただならぬ物なのです。

すばらしいギフトであるからこそ苦難の道で

あったに違いありません。

物語の流れ、看守たちの行為、

どれもが自然と理解できる行為ばかりで、

これが単に頭で考えて作られたストーリーとは

到底思い難い、そのような感覚を

抱いてしまうのは、私だけなのでしょうか。

貴方は、この映画を見て、どのように

感じるでしょうか。

まだ見ていないのであれば、ぜひぜひ、お勧めの映画です !!!

o(^^)o

【今すぐ見たいFull movie】