ワン チャンス(2013)✨実話✨

ワン チャンス One Chance/君は歌手になるのは一生無理…と世界の有名なオペラ歌手に酷評された彼にまさかの未来が…

映画『ワンチャンス』本予告

映画の概要

人の未来は全てが自分次第なのかも…

子供の頃からいじめられっ子の

ポールは、音楽が大好きな男の子。

とりわけ歌を歌うのが好きで、将来の

夢はオペラ歌手になることでした。

さらに夢を叶える為、ガールフレンドの

支援も受けつつ、勉強の為にヴェネツィアに

留学するのですが、コンテストの応募時、

尊敬とあこがれの人、イタリアのテノール

オペラ歌手・パヴァロッティが審査員だった

のですが、彼はあまりの緊張で本来の力を

出し切れなかったのかもしれません。

「君は歌手になるのは無理」というような

内容の審査内容の言葉に彼はすっかり

打ちのめされてしまいます。

帰国後はいつも彼を支えて応援する

ガールフレンドのジュルツと結婚し、

アマチュア劇団の舞台にも立ち、

幸せな人生をつかんだかのように

見えたのですが、病気や事故などの

不運に見舞われ、病院治療などの

出費も膨れあがり、借金だけが

かさんでいくという状況の中に

いました。

そんな折、偶然に見たテレビの

オーディション番組「ブリテンズ・

ゴット・タレント」辛口トークで

有名なサイモンが審査員となっている

今やイギリスだけでなく世界中でも

人気となっている番組です。

妻も大賛成の中、これが最後の

チャンスと思いそのオーディションに

彼は応募します。

この番組、天使の歌声で有名なおばさま

「スーザン・ボイル」に夢中になって

見ていた頃、偶然にもポール・ボッツの

オーディションも見ていた私は、

見た雰囲気が自信なさげの彼の雰囲気とは

全く違う歌声に聴き入ってしまった事が

ありました。

この番組で優勝したことをきっかけに

デヴィッド・フランケル監督により

世界的オペラ歌手となったポール・ポッツの

波乱の半生を描かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする