ファーザー(2021)

ファーザー THE FATHER/名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ主演男優賞を受賞した作品

映画『ファーザー』日本版予告編

映画の概要

人は誰しも年を取り老いていきます。

どの家族にも起きうる介護の問題であったり、

家族の問題であったりします。

でも、不思議なのは記憶も薄れ、あらゆる事を

忘れて行く認知症なのですが、人は深い愛に

関する何かだけは、そのような状態に陥ったと

しても忘れないという思いがしてなりません。

あなたはどのように思うでしょうか。

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の

父親役を演じています。

本作は英仏合作映画になり、原作者である

フロリアン・ゼレールはフランス演劇界最高賞と

される「モリエール賞」を受賞した仏の小説家/

劇作家です。

日本を含め世界30カ国以上で上演された戯曲

「Le Père 父」を元にした作品であり、本人自ら

メガホンを取った映画監督として初となる

デビュー作でもあります。

誰にも訪れる、老いをテーマにしており、

親子の揺れる絆を、記憶と時間が混迷していく

父親の視点から描いています。

アン役に「女王陛下のお気に入り」の

オリビア・コールマン。

本作品は、今年の米アカデミー賞において、

作品賞など6部門でノミネートされ、

主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)と

脚色賞の2部門を受賞しました。

ロンドンで独り暮らしを送る81歳の

アンソニーは認知症により記憶が現実と

幻想が入り混じって行くような状態が

日毎に濃くなって行きます。

娘のアンが手配した介護人も

拒否してしまいます。

そんな折、アンソニーはアンから、新しい

恋人とパリで暮らすと告げられるのですが、

アンソニーの自宅には、アンと結婚して

10年以上になるという見知らぬ男が現れ、

ここは自分とアンの家だと主張します。

そしてアンソニーにはもう1人の娘ルーシーが

いたはずなのに、その姿はなく、ますます現実と

幻想の深みに入り、混迷して行くのですが…。

☟アンソニー・ホプキンス出演の人気作品☟

ノア約束の舟 ブレインゲーム

上映時間 97分
製作国 イギリス/フランス
初公開年月 2021/05/14

出 演

アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、ルーファス・シーウェル、イモージェン・プーツ

監督: フロリアン・ゼレール
原作戯曲: フロリアン・ゼレール
脚本: クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
編集: ヨルゴス・ランプリノス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする