「杉原千畝 スギハラチウネ」(2015)実話・外交官の彼は国の命令を破ってまで、なぜ彼らを助けたのでしょう…?!

杉原千畝

「杉原千畝 スギハラチウネ」(2015)

第2次世界大戦中に多くの命を救った実在の人物を唐沢寿明が熱演!映画『杉原千畝 スギハラチウネ』予告編

引用元: Youtube by シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

実話です。国に忠実で真面目な

一日本人である外交官の彼には、

国からユダヤ人を助ける為の

「ビザ」の申請許可は却下

されていました。

それなのに、なぜ、杉原千畝は、

国の命令を破って迄、「ビザ」を

発給し続けたのでしょうか。

そこには、壮大なドラマが

存在していました。

宗教には色々な宗教があります。

仏教、キリスト教、イスラム教、

ユダヤ教、ヒンズー教、世界の宗教を

含め、日本の神道、あらゆる宗教が

存在しています。

彼は、単にユダヤ教のユダヤ人を

助けたかったのでしょうか。

それは違っていました。

たとえ、彼らがユダヤ教の

ユダヤ人でなくても、

キリスト教徒、イスラム教徒、

仏教徒、宗教に関係なく、

彼はただ人として正しい道を

生きたかっただけだった

のです。

たとえ、どのような宗教の

人々であっても、彼は命の

危機に怯える人々が命を

乞っている時に、

それを自分が「命のビザ」を

出すことで、救われるかも

しれない…

そのような時に知らないふりを

一人間として出来なかっただけ、

ただ単に人の命を救いたかっただけ

だったのだと、この映画から

垣間見る事ができました。

そして、最近亡くなられた

アフガニスタンの中村医師も

同じでした。

アフガニスタンという戦争の

真っただ中にある国に自らの

意思で残り、食料と水の困難の

中で死んでいく子供達を

中村医師も見過ごすことが

出来ない方だったのです。

同じ日本人の中に眠る共通した血が

もたらす意識は同じだったのだと

思います。

杉原千畝さんの意思も多くの命を

救いました。

それが子孫にも繋がって行ったと

したなら、一体どれだけの数、

単なる6000人だけでなく、

どれだけの命を救ったのでしょうか…?!

そんな杉原千畝さんの

真実に基づいたドラマを

描いた映画です。

【キャスト】

  • 杉原千畝 – 唐沢寿明
  • 杉原幸子 – 小雪
  • ペシュ – ボリス・スジック(英語版、ポーランド語版)(日本語吹替:高木渉)
  • イリーナ – アグニシュカ・グロコウスカ(英語版、ポーランド語版)(日本語吹替:佐古真弓)
  • ニシェリ – ミハウ・ジュラフスキ(日本語吹替:宮内敦士)
  • グッジェ – ツェザリ・ウカシェヴィチ(日本語吹替:平川大輔)
  • 南川欽吾 – 塚本高史
  • 大迫辰雄 – 濱田岳
  • 根井三郎 – 二階堂智
  • 菊池静男 – 板尾創路
  • 関満一朗 – 滝藤賢一
  • 大橋忠一 – 石橋凌
  • 大島浩 – 小日向文世
  • ユダヤ人母 – アンナ・グリチェヴィチ(日本語吹替:山崎美貴)
  • ガノール社長 – ズビグニェフ・ザマホフスキ(日本語吹替:石住昭彦)
  • ローゼンタール – アンジェイ・ブルメンフェルド(日本語吹替:立川三貴)
  • ヤン・ズヴァルテンディク – ヴェナンティ・ノスル(日本語吹替:佐々木勝彦)
  • マラット – マチェイ・ザコシェルニー

【スタッフ】

  • 製作 – 中山良夫、市川南、熊谷宜和、藪下維也、石川豊、三宅容介、松田陽三、久保雅一、都築伸一郎、大塚雅樹、井戸義郎、城朋子、和田倉和利
  • エグゼクティブプロデューサー – 奥田誠治
  • プロデューサー – 飯沼伸之、和田倉和利
  • 監督 – チェリン・グラック
  • 脚本 – 鎌田哲郎、松尾浩道
  • 撮影 – Garry Waller
  • 美術 – 金勝浩一、Przemyslaw Kowalski
  • 編集 – Jim Munro
  • 音楽 – 佐藤直紀
  • 配給 – 東宝
  • 制作プロダクション – シネバザール、AKSON STUDIO SP.Z.O.O.
  • 企画・製作幹事 – 日本テレビ放送網
  • 製作 – 「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会(NTV、東宝、D.N.ドリームパートナーズ、ytv、電通、ポニーキャニオン、読売新聞、小学館、ShoPro、JTBグループ、中日新聞社、BS日テレ、シネバザール、STV、MMT、SDT、CTV、HTV、FBS、FBC)
  • 写真