ナミヤ雑貨店の奇跡(2017)

ナミヤ雑貨店の奇跡

ナミヤ雑貨店の奇跡 The Miracles of the Namiya General Store/時を超えて届く悩み相談の手紙に答える彼らは30年前の悩みを解決できるのか?

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編

映画の概要

時を超えてつながる人々。

良いお話です。

大好きなタイプの映画です。

この地球、三次元の世界では、

時を外して生きて行く事が

出来ない世界です。

そんな世界でも私たちは、

あらゆる想像の世界を

作り上げます。

想像は創造につながる

自由な世界です。

日々生きていると、

悩みは尽きません。

あらゆる問題、あらゆる

ハプニングが次々と起きて

しまいます。

私もそうでした。

ここ数日間、ショッキングな

出来事がいくつも重なって

起きてしまい、身動きが

出来なくなってしまって

いました。

生きている限り、予想も出来ない

事が、いつ人間には起きて来るのか、

誰にもわからない世界です。

大切な家族の一人が亡くなりました。

遠く離れた地に暮らす義母でした。

彼女を心から尊敬していた自分も

その日は、一日涙が止まらず、

人生、いつ何が起きるか

この世界は予想がつきません。

イギリス人の義母は、とても

素晴らしい人でした。

イギリスから異国のアジア人と

結婚した義母は、来日した際、

始めて訪れる日本を見て

とても喜んでくれました。

日本の歴史が大好きで、

日本の「サムライ」や

忍者、読書が大好きな

彼女は大の日本通でした。

本当に何が起きるか、

人生にハプニングはつきもの

なのですが、悩みは人間として

生まれて来た以上、避ける事は

できないものです。

そこから抜け出せずに、日々

生きている人は、どれほどの数が

いるのでしょうか。

【あらすじ】

ある日、幼馴染の三人は、

廃屋となった元雑貨店に忍び込み、

一夜を過ごします。

そこは「ナミヤ雑貨店」といい、

浪矢雄治の店でした。

浪矢の店は、悩み相談の雑貨店として

有名な店で、あらゆる人が、

自身の抱えた悩みを浪矢に相談し、

解決してくれていたのでした。

三人が忍び込んでいると、

突然閉まったシャッターの郵便受けに

手紙が入って来ます。

それは過去の人々からの

悩みの手紙が時を超えて

入って来たのでした。

そのような中で、敦也たちは、

店主であった浪矢の代わりに

返事を書き始めます。

過去の人々の悩みを未来の彼らが

引き受けて、その後の人生を

変えて行くというのは、何か

不思議な事ですが、素敵な

ミステリーでもあります。

手紙をくれた過去の人たちの

悩みを三人は変えて行けるのでしょうか。

32年前の過去と未来が繫がり、

ラストの手紙を受け取った時、

あらゆる謎が解けて行きます。

そこには衝撃の出来事が

待っていました。

人生には尽きない悩みを

解決しようと懸命に返事を

返した彼らに待っていたものとは

何だったのでしょうか…?! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする