天気の子(2019)見ないと損しかない美し過ぎる新海誠監督の映像の世界! 音楽も最高です!!

天気の子

天気の子/Weathering With You(2019)

映画『天気の子』予報②

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

新海誠監督が、またもや新作を

2019年7月に世界と日本に向けて

発表しましたね。

今回は、今も上映中とあり

ネタバレはなしです。

新海誠監督の「君の名は」の

大ヒット以来、世界中が

待ち焦がれた第二弾です。

またもや、その映像の美しさには

ため息が出るばかりです。

今回、この映画に関して賛否両論が

出るであろうという事を新海監督は

言っていましたが、それでも監督の

思うような出来に仕上がったので

あるなら私はそれを指示したいと

思いました。

いつの世にも賛否両論はあります。

ですが、私たちが見たいのは

あなたが作り上げる、あなたが作った

作品なのです。

たとえ、賛否両論があろうとも、

あなたが作りたかった作品を見たいのです。

私に関して言うならば、言える事は何もない

ということになります。

ただ単に、いつも感動するのは

繊細な映像美と実物に忠実な描写は、

もう見事としか言えません。

いつも思うのですが、この映像美と

見事に繊細な描写、それだけでも

新海監督の作品は見る価値があります。

たとえ、その他がそれほど期待出来ていない

結果だとしても、、、

と言いたいところですが、新海誠監督の出す

アニメに関しては、自分好み、自身がファン

だという部分もあるからなのかも

しれませんが全て受け入れられます

(*^o^*)ニャハ

もう何も言いたくない(笑)

何も言わせないで

とにかく見て、という感じです。

アニメーションの中の表現方法に、

とても夢があり日本だけでなく世界に

向けて発信している気がして

ならないからです。

天気の子

アニメーションというのは、

実写の実物が出るわけではないので、

一番に映像は大事な部分でもあります。

引用:天気の子

↑このように「本」一つにとっても繊細で、

その物に対する忠実な実写は

新海誠監督の特徴でもあります。

見るものはそれだけでも

喜びを隠せない。

私自身もムーの本を探すところです(笑)

天気の子の描写は、アカデミー賞受賞作品

「ショーシャンクの空に」をも彷彿とさせる

素晴らしい映像表現の感動シーンが沢山あり

やはり、とても素敵な作品に仕上がっていました。

「ショーシャンクの空に」(アカデミー賞受賞作品)

どんなに希望を失った世界の中にいても

大空に向けて、さらに天界に向けて、

それは神に向けてと言った方が

近いのかもしれません。

新海誠監督の作品には、そのような、

世界に向けて、さらには地球に向けて、

次には宇宙に向けて、そして異次元ワールドに向けて、

次に無限に向けて、さらに言うと神に向けて

発信される、不思議な世界の魅力があります。

小さな島に住んでいた高1の男の子帆高は

家出をし、東京で不思議な少女天野陽菜と出会う。

それは東京に雨が降り続くある日の事だった。

不思議な少女、天野陽菜。

不思議な力というのは、彼女だけが持つ祈りの力。

祈るだけで、雨を止める力。

偶然的な晴れ女ではなく、その力そのものを

持った少女だった。

それを帆高は目の前で目撃するのである。

このような展開から物語は進んで行く。

涙なしでは見れない作品に仕上がっていた。

前回同様、RADWIMPSの曲も軽快な流れと

共にタイミングの良いところで流れる緻密で

よく計算された優れた作品である。

原作・脚本・監督:新海誠

音楽:RADWIMPS

声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜

キャラクターデザイン:田中将賀

作画監督:田村篤

美術監督:滝口比呂志

製作:「天気の子」製作委員会

制作プロデュース:STORY inc.

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】clipwatch    ←広告を✖で消しPCでの視聴を推奨