コード211(2018)✨実話✨

コード211

コード211/211/実際に起きた米国史上最悪の銀行強盗事件💥発生した約44分間に渡って2000発近く銃弾が乱射された!

映画『コード211』予告編/米国史上最悪の銀行強盗事件を基にした刑事アクション巨編

映画の概要

実際に起きた米国史上最悪の銀行強盗事件

「ノースハリウッド銀行強盗事件」の

実話を基に映画化され、ニコラス・ケイジ

主演のサスペンスアクション。

監督と脚本は、これまでドキュメンタリー

映画などで活躍した「ブレイク・タウン」の

ヨーク・アレック・シャクルトンが

作品を手掛けています。

引退間近の警察官マイク(ニコラス・ケイジ)は、

いじめられっ子の高校生ケニーを同乗させての

パトロール中、銀行強盗に遭遇します。

すぐさま進行中の強盗を表す警察コード

「#211」を発動するが、完全武装した

強盗団によって前線に取り残されて

しまう。

マイクは、ケニーを護りながら

人質救出を目指します。

果たして史上最悪の銀行強盗事件での

銃撃戦、二人は最後まで無事だったの

でしょうか。

この事件での被害はどれだけ被って

しまったのでしょうか。

実際の「ノースハリウッド銀行強盗事件」

実際に起きた事件での犯人は2人組で

この事件発生前から連続強盗事件を

繰り返して指名手配されていた悪質犯。

それまでの事件の被害総額は

数百万ドルにも達し、その資金を

利用して大量の弾薬と防弾装備を入手

した事で、史上最悪の銀行強盗の

銃撃戦に発展したようです。

この銀行が狙われたのは、逃走に使用する

ハイウェイの入り口が近い事と警察が通報

から到着するには8分以上は要すると犯人

見越していた事からだった。

犯人達の予想に反して、早く着いた

警察官達と警察12名と民間人8名を

巻き込んだ銃撃戦となります。

犯人の1人は走って逃走、

1人は車で逃走しますが…結末は!?

☟ニコラス・ケイジ主演の人気映画☟
原題:211
製作国:アメリカ
製作年:2018年
日本公開日:2018年11月4日
上映時間:87分

出 演

ニコラス・ケイジ、コリー・ハードリクト、マイケル・レイニー・Jr、オリ・フェッファー、ウェストン・ケイジ、アレクサンドラ・ディヌ

監督:ヨーク・アレック・シャクルトン
製作:ジェフリー・グリーンスタイン、ジョナサン・ヤンガー、レス・ウェルドン、アイザック・フロレンティーン
原作:ヨーク・アレック・シャクルトン
脚本:ジョン・リーバス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする