シスターズ 〇〇〇愛情(2019)✨実話✨

シスターズ 〇〇〇愛情 MOMMY WOULD NEVER HURT YOU/実話を元にした映画でタイトルがあまりに中身と違い〇〇〇に”真実の”に付け替えたく敢えて〇〇〇にしました

MOMMY WOULD NEVER HURT Official Trailer (2019)

映画の概要

あまり、ホラーが好きでない自分にとって、

内容が良い作品なのにタイトルからして、

まるでアダルト映画を連想させるこの作品は、

タイトルがとても残念な気がして

ならなかった映画の一つです。

ホラー作品として紹介されているのですが

実話を元に作成された映画で、脚色も

それなりにあるのかもしれません。

ですが、この映画の日本語のタイトル

「シスターズ 異常な愛情」はあまりにも

この映画の内容としてそぐわないので、

素晴らしい姉妹にあまりに申し訳ない

気持ちで、このように〇〇〇とさせて

いただきました。

日本語のタイトルを付けた方はこの

映画を実際は見てないのかと思わせる

ほどでした。

私なら「シスターズ 真実の愛情」と

したかったところです。

母親の異常性というよりも、このタイトルの

「シスターズ 異常な愛情」ですと、姉妹が

変に取られかねません。

ホラーではなく、社会派の映画として作成されて

いたなら真に迫ったもっと良い映画になって

いた気がして残念に思いました。

この映画は、実際の事件を基にしたサスペンス・

スリラーとして紹介され、監督は、

「ロード・オブ・モンスターズ 地上最大の決戦」の

ダニエル・ラスコが手掛けています。

二人の姉妹はとても仲が良かったのですが、

父親の死後、妹は日毎に病弱になるばかりでした。

ある日、母親の拘束から逃げるかのように

家を飛び出した姉のライリーだったのですが、

残した病弱な妹ベスは、母親の支配下で

病院にも行けず、ベスの体をいつも気遣う母親は

食事にも気を付けているはずなのに、病状は

なぜか、悪化するばかりでした。

家出した姉のライリーは3年後に戻ってきます。

母親はライリーの帰宅を喜んでくれたかの

ようでしたが、病弱なベスへの食事には

アレルギーになるからと異常な気の使いようは

変わっていませんでした。

ライリーが帰省したのは、念願のベーカリーを

開き、それを応援、後押ししてくれた彼との

婚約の報告もあったからでした。

なぜ、これほどベスの食事にも気を付けたり

必死で介護しているのに、ベスは良くなるどころか、

悪くなる一方。

そして、ベスの髪がごっそり抜けるのを見て

更に不安を募らせたライリーだったのですが、

ある日の事ベスだけでなくライリーの髪の毛までが…。

原題:MOMMY WOULD NEVER HURT YOU
製作国:アメリカ
製作年:2019年
日本公開日:劇場未公開
上映時間:90分

出 演

クリステン・ヴァガノス、リビー・マンロー、ミカヴリー・アマイア

監督:ダニエル・ラスコ
製作:デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー
脚本:アンナ・ラスムッセン

Amazonプライムで見れます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする