「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」(2003)笑いが必要な時・最高に笑える映画です。ギリシャがわかる映画です!

マイビッグファット

「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」(2003)

Season1~ My Big Fat Greek Life

My Big Fat Greek Life – Complete Series on DVD

引用元: Movieclips Classic Trailers

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

「マイビッグファットウェディング」は

第75回アカデミー賞脚本賞に

ノミネートされた映画です。

(そして私が好きな方は、こちらの

「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」

なのです)

「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」は

とにかく笑えます。

ギリシャという国がどのような

国で、ギリシャ人というのが、

どのような人々なのか…。

友人でもいない限り、日本人に

とって身近な存在ではないので

わからないというところです。

そこが映画の凄い所なのかも

知れません。

映画を見るとその国や、その国の

人々の気質のようなものが伝わって

来るからです。

「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」は、

もう何年も前に見て、思い切り笑ったのを

覚えています。

最近ではテレビを見ると

「新型コロナウィルス」のニュースの話題で

もちきりで、暗いニュースの不安な感が

ずっと続いていますよね。

そんな中でも、笑顔になれるような

明るい話題や楽しい映画を見ようと

何年ぶりになるでしょうか。

久々にこの映画を見たくなりました。

今までギリシャと言う国に対しての

イメージが「ギリシャ正教の国」

「ギリシャ神話」「オリンピック発祥の地」

というイメージしかなく、ギリシャ人て

どんな人々なのだろうと、映画を見る迄は

わからないという状況でした。

この映画を見るとギリシャ人がきっと

誰でも好きになると思います。

この映画を初めて見た時に、一言で言うと、

笑い転げてしまいました。

笑いのセンスが抜群の脚本なのです。

なんと、主演の「ニア・ヴァルダロス」本人が

自身の結婚のエピソードを実話に基づいて

脚本を描いているのです。

主演女優としてだけでなく、才能豊かで

多才な一面のある女性です。

トム・ハンクス(「フォレストガンプ」などの

主演男優)の製作会社によって製作されており、

低予算で制作された作品だったのですが、

全米で人気を博し、8カ月にも渡るロングラン

上映作品となりました。

なんと、ロマンチックコメディ映画では

最高の2憶4140万ドル以上もの興行収入を

得る大ヒット作品となりました。

2011年、「利益率の高い映画」ランキングでも

高収益を上げた映画として第一位を取っています。

ギリシャ人の親が持つ結婚観や、一般的な

ギリシャ人の家族観や家族の繫がりというのが

映画からうかがい知る事が出来ました。

世界の親はどこも少なからず

同じなのかもしれません。

ただ、この映画がこれほどアメリカで

大ヒットしたのは、家族愛に溢れ、

家族のつながりが強い、笑いが常に

つきまとうという面白さに溢れていたから

だと思います。

私の中では最高の脚本で最高に面白く

理想の家族という感の強い映画でした。

最高におススメの一押し映画です。

2016年3月には

「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング2」

第二弾も出ています。