「バジュランギおじさんと小さな迷子/Bajrangi Bhaijaan」(2015)インドで迷子になったパキスタン人の6才の娘。話す事も不可能な障害児を彼は無事に親元に届けられるのか!?

バジュランギ

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(2015)

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』予告編
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

愛は全ての原動力、岩をも砕く

それを証明してくれた映画が

この映画であったような気がします。

涙なくして見れない映画でした(ToT)

私はインド映画がとても好きなのですが

パキスタンという国もとても好きです。

住んでいましたし、何よりも人々に

あたたかな愛と優しさを沢山与えて

いただいた国でもありました。

インドとパキスタンは、

元は一つの国で国民性は同じと

言えるのではないでしょうか。

ですが、今は2つの国に分かれて両国は

政治的に敵対しているので難しい側面も

あります。

ですが、さすがに映画にはすごい力があると

改めて感じさせられました。

インドはあらゆる面で宗教色の強い国で

ヒンズー教、イスラム教、仏教、キリスト教と

混在している国でもあります。

宗教の違いや政治的な対立はあるにせよ、

神様を敬うという点で共通しているのです。

「ダンガル」「バーフバリ」に続いて

興行収入が歴代3位という快挙をも

成し遂げた映画です。

主人公の女の子がとても可愛らしく

また、インドでは三大カーンと呼ばれる

ほどの人気俳優サルマーン・カーンが

主演のパワン=バジュランギ役を熱演

しています。

【あらすじ】

言葉を発する事が出来ないといった障害を

かかえた6歳の女の子を治療しようと

パキスタン人の母親はインドに行くことを

決意して母子ともに列車の旅に出ます。

ですが途中母親が寝ている間に娘は

窓から見えた可愛い子ヤギに会いに

列車から飛び出してしまいます。

その後迷子になった娘はパワンに

出会い、彼に拾われるのですが

言葉を発する事が出来ないので

パワンに意思の疎通もスムーズ

という訳には行かない中パワンは

一緒にいる間に、その女の子が

イスラム教徒でパキスタン人である

ことを知ります。

正直者のパワンは女の子をパキスタンの

親元に返すことを決意します。

その道中、警察に追われたり、国境を

超える際にもひと騒動起きてしまうの

ですが、果たしてインド人である彼が

女の子を無事にパキスタンの親元に

届けるという事はできるのでしょうか。

パキスタンに行く際の旅券も取れず

仕方なく国境を守る軍人に話せば

何とか通してもらえるという甘い考えで

国境を越えようとする、あまりに

無頓着で無防備で正直すぎる彼に

人々はどのように接し、どのような

危険が待っているのでしょうか。

ビザもパスポートもなく無事に国境を

超えて、女の子をパキスタンの親元に

戻すという、あまりに危険な行為は

成功するのでしょうか。

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】字幕nicovideo ←コメントを非表示大スクリーンPCでの視聴を推奨