「マガディーラ 勇者転生」(2009)ずっと探し続けていた映画でした。タイトルが思い出せず…前世からの運命の出会いとは…!?

マガディーラ

「マガディーラ 勇者転生」(2009)インド映画

バーフバリの原点!『マガディーラ 勇者転生』予告編

引用元: シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

ずっと探し続けていた映画でした。

今は検索さえしたら、すぐに

見つかる時代なのに、なぜ、

見つける事が出来なかったのかと

言いますと、タイトルを忘れて

しまった事が一番の理由です。

「マガディーラ」というタイトルは、

覚えにくいと思いませんか(^^;)

さらに、誰が出演していたのか、

名前も忘れていました。

インド映画をさほど知らなかった時期で、

映画が出て初期の頃に見た映画だったの

ですが、たまたま「アマゾン」で見つけた

インド映画で、どんな映画かなと思い、

見てみると以前見た映画でした。

そして、ずっと探していた正に

その映画だったのです。

まだインド映画をさほど知らずに偶然

見たので、あまりにも、私の中では

衝撃的な感動する映画でした。

いつも思っていました。

なぜ、この人と出会ったのだろう、

家族の事や父母の事。

なぜ、この父母の元、私は

子供として生まれて来たの

だろうと。

この映画をもう一度見たいと

ずっと思っていたのですが、

タイトルを覚えていなかった為に、

ググりようもなく、見つける事が

出来ずにいた映画でした。

印象がとても強く残っていました。

あなたは、前世とか輪廻を信じますか。

クラリオン星から、この地球の日本に

転生して来た、まだ9歳か10歳の

小学三年生の男の子「久松そうた君」

もそうですね。

輪廻の思想は仏教の考えの中にも

ありますね。

私は特に仏教徒という訳ではないのですが、

前世の記憶を持って生まれて来た子供は

かなりいるようです。

「前世の記憶を持って生まれて来た子供達」

というアメリカのドキュメンタリーを

見たのですが、びっくりするほどの

数の子供達がいました。

また、子供の頃から普通に宇宙人は

当たり前に存在するという事などは

自然に信じていました。

むしろ、信じない人の方が不思議で

仕方がありませんでした。

この地球を囲む星々は信じられない

ほどの数が存在するのに、

地球にだけ知的生命体が存在すると

思う人の頭脳構造は一体どうなって

いるのかとさえ思うほどでした。

銀河系だけでも、何億、何十億と存在するのに…。

宇宙人の存在は論理的に考えても

自然な事として受け止めていたのですが

あなたはどうでしょうか…?!

この「マガディーラ」は、1609年の

ウダイガル王国で伝説の戦士として

その名を轟かせていた「バイラヴァ」が、

国王の娘ミトラ姫と恋に落ち、二人は

お互いに深く愛し合っていました。

ですが、陰謀のせいで、

愛を育てる間もなく、陰謀により、

ミトラ姫は非業の死を遂げます。

その後を追うようにして、

バイラヴァも亡くなり、二人は

愛をこれから育てていこうとする前に

亡くなってしまうのでした。

400年後、バイラヴァは再びこの世に

生まれて来ます。

バイクレーサーとなった彼は、

前世でミトラ姫として生まれていたと

思われる女性に再び出会います。

二人は、前世では深く愛し合って

いたのですが、今世での二人は、

どのような運命をたどるのでしょうか。

前世で成しえる事の出来なかった愛を

育てる事は出来るのでしょうか。

それとも、前世であった事が

再び繰り返されるのでしょうか…!?