「僕と世界の方程式/X+Y」(2015)ネイサンは自閉症。国際数学オリンピックの選手に選ばれる彼の非凡な才能を導き開花させるのは…?!

僕と世界の方程式

「僕と世界の方程式」(2015)

映画『僕と世界の方程式』予告編

引用元: Youtube by シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

ネイサン・エリスは数学に

秀でた才能を持っていた

のですが、9歳の頃父親を

事故で亡くし、さらに自身も

自閉症と診断されていました。

あらゆる病気に、人間は

〇〇症という名前の病名を

つけるのですが、何をもって、

それが病と言われ、判断されて

いるのかは、医師ではないので、

わかりません。

人は、時に身体以外の精神的な

病であっても病気とされる事は

多々あります。

どんなに天才と言われる人も、

そのような身体以外の症状で

自閉症と言われたり、〇〇病、

〇〇症となってしまいます。

そのような人々の中に、

時に非凡な才能を持つ子供が

いたりするのですが、

大人たちが出来る事は、

そのような症状の中にいる子供

でも、優秀な精神と頭脳を持つ

子供たちがいるという事です。

身体的な病気なら普通に

理解できるのですが、人は

何をもって〇〇症、〇〇病と

呼ばれるのか、時にわからなく

なる時があります。

そのような子供を持った親は、

忍耐と愛情を持って、そのような

子供を育てる事で、その子供に

対する大きく明るい未来を

十分に与える事が出来得るのでは

ないかと思います。

ネイサン・エリスも優秀な

数学的才能を持つ子供として

生まれて来ました。

ですが、自閉症というレッテルが

貼り付けられる中で、親は

彼に大きな可能性を持つ未来を

与える事ができるでしょうか。

彼は、才能を見抜く優秀な教師

マーティンと出会います。

マーティン自身も多発性硬化症

という病を抱えていて、その病と

日々闘いながら懸命に数学の

教師として生きていました。

ネイサンを導く親と教師。

教師のマーティンはネイサンの

才能を見抜き、国際オリンピックに

ネイサンを出場させようと

します。

果たして、ネイサン・エリスには

どのような未来が待ち受けて

いるのでしょうか…!?

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】字幕aparat  ←クリック後広告を✖で消しPCでの視聴を推奨