永遠のこどもたち(2007)ピーターパンもマイケルのネバーランドも子供達の純粋な魂は永遠に生き続ける…!?

永遠のこどもたち

永遠のこどもたち/El Orfanato

『永遠のこどもたち』予告編
記事中

Sponsored Link




映画の概要

公開当時ヨーロッパ全土で大ヒットという

CMの予告通りの映画です。

シックスセンス」以来の衝撃と感動を

与える映画として不思議な感覚をあなたに

与えます。

魂は永遠なのだと思います。

サスペンスホラー作品なのに、そこには

何かせつないものを感じてしまいます。

タイトルの「永遠のこどもたち」という、

その響きから来ているのでしょうか。

そこには「ピーターパン」やマイケル

ジャクソンのあこがれた純粋な子供たちの家

「ネバーランド」を思い起こさせてしまう

不思議な響きがあります。

永遠のこどもたちは、一生大人になれない

子供たちという意味、永遠に子供のままで

生きるという、その言葉には何か不思議な

ものを感じます。

ラウラ(ベレン・ルエダ)は自身も

海辺の孤児院で育つ過去を持ち、

閉鎖された孤児院を再建しようと、

夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)と

7歳の息子シモン(ロジェール・プリンセプ)と

共にこの地に移り住みます。

そして、この孤児院を買い取り、

障害のある子供たちのための施設にしようと、

開園準備を進めている最中、シモンは

遊ぶ相手がいない寂しさから空想上の友達を

作るようになり、その友達と遊んでいる姿を

見てラウラは違和感を感じ始めます。

そして、その数日後、施設の開園パーティーが

行われた日にシモンは忽然と姿を消して

しまいます。

ラウラは突然姿を消した愛する我が子を

取り戻すべく孤児院に潜むミステリーに

挑んで行きます。

シモンは一体どこに消えてしまったのか…

ラウラは愛する我が子を無事にこの不思議な

孤児院から取り戻せるのでしょうか。

原題:EL ORFANATO、THE ORPHANAGE
製作国:スペイン、メキシコ
製作年:2007年
日本劇場公開日:2008年12月20日

出 演

ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ、アンドレス・ヘルトルディクス、エドガール・ビバル

監督:J・A・バヨナ
製作:マル・タルガローナ、ホアキン・パドロ、アルバロ・アウグスティン
製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ
脚本:セルヒオ・G・サンチェス

今すぐ見たいFull movie

FC2字幕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする