スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け(2019)ついに2020年3月5日に終了! 42年間ありがとう!

スターウォーズ

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け/Star Wars: The Rise Of Skywalker(2019)

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告編
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

世界中の「スター・ウォーズ」ファンが

号泣しました。

もう劇場では見れないのかと

名場面シーンでは、日本の劇場でも

号泣、すすり泣きの声が漏れて

いました。

これほど長く続いた映画は

あまり類がないのでは

ないでしょうか。

「スター・ウォーズ」シリーズ。

何と42年間も続いたのです。

今回、最終章となる

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

こちらは、実写映画本編の第9作品目で、

レイを主人公とした続三部作

(シークエル・トリロジー)の

第3章「エピソード9」になります。

42年間もシリーズとして続いた

「スター・ウォーズ」。

「スター・ウォーズ」と共に育った

大人も多いのではないでしょうか。

世代を超え、子供、孫に続く

という長い時を継承してきた

「スター・ウォーズ」シリーズ。

世界中で愛されて来た映画でした。

スター・ウォーズのグッズも

世界中で売れに売れたようです。

私もいくつも持っています。

まさに、今、劇場でも終わりを

告げようとしています。

日本でも全ての劇場で

2020年3月5日をもって

終了となります。

劇場では見れなくなると

いう事です。

ちょっと寂しい感がぬぐえません。

1977年に「スター・ウォーズ

エピソード4/新たなる希望」が

全米で公開されて、

今回の完結編

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、

昨年2019年の12月20日の

封切りから始まり、今回にいたります。

日本でのレイの吹き替え声優さん達もかつて収録

した方達の多くが再度かけつけて収録に

いたったとの事でした。

最後の「スター・ウォーズ」という事もあり、

日本でも観客動員数は475万人を突破し、

興行収入は71億円、

世界中のファンは、これだけは見逃せないと

劇場に詰め寄せているようです。

特に最後の名場面のシーン、

42年間見続けたファンも多い

「スター・ウォーズ」。

世界中の劇場で観客の号泣する声が

絶えないとの事でした。

ありがう、「スター・ウォーズ」!!

また、復活の日を待っています!!

スターウォーズは実際にオリオン銀河(✖地球)で起きた事をモデルに映画化されたと言われています。

信じるか信じないかはあなた次第ですの都市伝説!?(笑)

↓このような会話が私たちの知らないところでされているとあながち真実かもしれません↓

シルバー・レギオン対レプティリアン:特別作戦成果報告編

by whitepurplish (2015)

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】吹替えclipwatch ←クリック後広告を✖で消しPCでの視聴を推奨