リチャード・ジュエル(2020)✨実話Truth✨史実に忠実に作るクリント・イーストウッド監督の作品

クリントイーストウッド1

リチャード・ジュエル/Richard Jewell

映画『リチャード・ジュエル』本予告 2020年1月17日(金)全国ロードショー
映画『リチャード・ジュエル』インタビュー映像(クリント・イーストウッド) 2020年1月17日(金)公開
記事中

Sponsored Link




映画の概要

クリント・イーストウッド監督の

作品にはいつも良いイメージを

持って見る事が出来るというか、

信頼のおける監督という感じが

してなりません。

映画を作成する監督の姿勢が

実話であるなら、きちんと裏を

取り確認をしつつ作品を作ると

いう姿勢は有名な話です。

それは監督が人の人生を大切に

思うという部分に現れていて

監督の生き方そのものであると

言えると思います。

素晴らしいですね

この作品は、1996年の

アトランタ五輪で大会期間中に

起きた爆弾テロをめぐる実話を

映画化した作品です。

リチャード・ジュエルは警備員として

現場で働いていた折、アメリカの

アトランタで起きた爆破事件の

現場に居合わせます。

そして彼は警備に当たる中、

危険な爆発物を事前に発見し、

いつ爆発するかわからない中、

必死で人々に危険を知らせます。

彼の働きは多くの人々の命を

救ったヒーローと言えます。

それなのに、彼は一転して

ヒーローから容疑者として

扱われてしまう羽目に陥ります。

彼自身に疑いの目が集中

してしまうのです。

それは国家とメディアの陰謀による

ものだったのか何だったのでしょうか。

顔と実名をさらされ、

報道も過熱した中、FBIにも

追われ続ける彼の人生は一転して

家族である母親と共に苦しみに

追い込まれてしまいます。

良い事をしたのに、そのような目が

向けられてしまうという、あまりにも

過酷な運命に身を置かされたリチャードの

人生だったのですが、彼の無実を信じた

正義の弁護士ワトソンが彼の良き味方

として立ち上がります。

果たして運命の神は彼らをどのような

方向に導いて行くのでしょうか。

世界が、良き人々が日々救われる社会に

なる事を心からお祈りしたいですね。

素晴らしい作品でした

クリント・イーストウッド監督の作品 「ハドソン川の奇跡

上映時間 131分
製作国 アメリカ
初公開年月 2020/01/17

出 演

ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリヴィア・ワイルド、ニナ・アリアンダ、イアン・ゴメス、ウェイン・デュヴァル、ディラン・カスマン、マイク・ニュースキー

監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、ジェシカ・マイアー、ケヴィン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン、ジョナ・ヒル
原作:マリー・ブレナー
脚本:ビリー・レイ

今すぐ見たいFull movie

日本語aparat

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする