フライトプラン(2006)

フライトプラン

フライトプラン Flightplan/共に搭乗した娘が機内で忽然と消えたのに乗務員も乗客も娘は最初からいなかったと言う…!?

フライトプラン 予告 ダイジェスト Flight Plan Trailer

映画の概要

自身も映画監督や映画プロデューサーを

こなすという才女ジョディ・フォスター

主演の映画です。

さらに二度もアカデミー主演女優賞を

獲得するなどの快挙を果たした女優でも

あり、彼女の演技がこの映画でも

光っていました。

カイル(ジョディ・フォスター)は夫を

突然の事故で亡くし、深い悲しみの中、

その遺体を引き取った後、葬儀の為に

実家に戻るところでした。

6歳の娘ジュリアを連れて、彼女は

最新のジャンボジェット機に搭乗します。

そして機内で寝入ってしまいます。

眠りから覚めると、娘のジュリアの

姿が見当たりません。

機内をくまなく探すのですが、

娘の姿は見つからず、しかも、乗務員も

乗客さえも、誰も娘を見た者はいないという

ありえない事を告げられます。

そんな事はない、確かに自分は

娘と共に搭乗したのに…。

そして、さらに追い打ちを

かけるように、知らされた内容。

搭乗記録にさえ娘の記録はないとの事。

さらに、乗務員いわく、調べてもらった

内容の送られて来たFAXには、娘のジュリアは

夫と共に亡くなっていたというのです。

夫の突然の事故死とショックな出来事と

悲しみで、彼女は娘と共に搭乗したという

単なる妄想を抱いてしまったのでしょうか。

それとも精神に異常をきたして

しまったのでしょうか。

飛行機の乗務員も乗客も娘を

見ていない、記録にも娘の名前が

ないのは、最初から娘は存在して

いなかったという事なのでしょうか…。

カイルの頭がおかしくなったのか、

彼女の記憶の中では確かに娘と一緒に

搭乗したはずなのに…。

機内で寝入った後に何が起こったのか。

まるで異次元にはまってしまったような、

カイルがおかしいのか、この機内の人々が

おかしいのか、この映画の結末も

ありえない結末が待っていました。

ジョディ・フォスター主演の名作映画 コンタクト(1997)

上映時間 98分
製作国 アメリカ
初公開年月 2006/01/28

出 演 

ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、ショーン・ビーン、マーリーン・ローストン、エリカ・クリステンセン、ケイト・ビーハン

監督: ロベルト・シュヴェンケ
製作: ブライアン・グレイザー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする