シークレット・スーパー・スター(2019)

アミールカーン

シークレット・スーパー・スター Secret Superstar/インド版ドッキリもUP中✨彼女はスターじゃないのかなあ!?

映画『シークレット・スーパースター』予告編

映画の概要

このブログの終わりの方で、

ある「インド版ドッキリ」を

紹介しています。

インドには非常に乞食が多いことを

ご存知でしょうか。

私はインドパキスタンに

住んでいた事があるので、

そこのところの事情は

よく存じています。

多分、一度でも行った事の

ある人なら理解していると思います。

ドッキリ企画の内容は

乞食の女性が観光地にいる人々に

「今日は何も食べていないので

どうかわずかな食事を買うお金を

恵んでいただけないでしょうか」

と次々と話しかけるのですが

誰も相手にしてくれません。

そしてギターを持って座っていた人に

ギターを貸してくれと乞食の彼女は言います。

最初は、相手にしてくれず

「あっち行って」と冷たく

あしらわれてしまいます。

それでも彼女は諦めません。

乞食と思っていた女の子が

突然ギターを弾きこなし

素敵な歌声を観光地で聞かせたら…

約646万回もの再生回数です。

ついにその男性は持っていたギターを

半分投げやりに貸します。

その続きは、このブログの下に

動画をあげていますので

ぜひ見てください。

どのような展開になるでしょうか。

今、夢を追う若者って日本に

どれくらいいるでしょうか。

世界一の先進国であった日本で

ありながら、若者の自殺率は

先進国の中でもダントツ一位です。

今、世界でいろんなことが起きていて

夢を持つことが少し難しい時代に

なっているような気もします。

でも、若い人が夢を追いかけることを

しなくなったら世界は終わりと

いう気もします。

夢を追いかけるのって若者の特権ですよね。

若くなくたって夢を追いかける人は

いつも素敵です。

この映画は、夢を追いかけるインドの

14歳の少女の物語です。

舞台はインドのムンバイ

人気食パニプリが美味な町でもありますね。

インドでは女性が進出するのも

なかなか難しい部分があります。

難しい慣習がインドには

残っているからです。

家族の反対にあったり、

世間の目を気にしたり、

まだまだ女性にとっては

閉鎖的な部分が多く残って

いる国とも言えます。

ただ私自身思うに、インド社会は

映画に関していいますと

とてもオープンな気がします。

民衆の心をつかむのがとても

うまい国です。

そういった意味では、まだ貧しい人が

多い国であったとしても

自由に自分を表現でき

夢を追いかけることができる国

なのではないでしょうか

自身の目でインドやパキスタンの

現状を日本人としての目で見ていたので

よくわかっている部分があります。

人々が自由に自分を表現できたり

自由に夢を追いかけたり

数学では、アインシュタイン以上とも

言われる天才も出たり、IT事業でも

進んでいる国でもあります。

そんなインド・ムンバイで育ったインシアは

スターになりたいと言う夢をずっと

持ち続けていました。

音楽が大好きで、ギターを弾きながら

スターになる夢を彼女はいつも

抱き続けていました。

そんな中父親は非常に厳格で、

彼女が夢を追いかけることを

馬鹿げたこととして父親は

反対します。

母親はいつも彼女の支えとなり

彼女を応援していました。

そして彼女は自分が歌う場面を

反対する父親にばれないように顔を隠して

今流行りのYoutubeにアップします。

それを見たアミール・カーン扮する

ムンバイの落ちぶれ音楽プロデューサー

シャクティ・クマール崖っぷちの音楽家

彼はインシアをスカウトします。

最初は崖っぷちの音楽家である彼を少しバカに

していたインシアでしたが彼の能力を認め

2人の共同作業がスタートします。

彼女の夢は叶うのでしょうか。

↓こちらが「インド版ドッキリ2020年2/2」です↓

Beggar Singing English Songs | Prank Gone Emotional😢 | Pranks In India | The Japes Uncut

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする