ザ・ギフト(2016)

ザ・ギフト/The gift

ザ・ギフト The gift/最高の贈り物の意味を理解出来ない人は一生を棒に振るという宇宙の法則だった!

映画『ザ・ギフト』予告編

映画の概要

何度も届く「ギフト」には

要注意かもしれません。

痛快な復讐劇が気持ち良いなんて

言ったら危険でしょうか(笑)。

子供を欲しがっていた夫婦は

一度は流産を経験し、その後

夫サイモンの地元に引っ越し、

立派なオフィスや家を構えます。

心機一転の中、妻ロビンにとっては

新しい夫の故郷でもある土地。

徐々にその土地にも友人もでき、

馴染んで行きました。

二人で買い物をしている際、

偶然にもサイモンの高校時代の

同級生ゴードンにばったり会います。

妻から見ると夫の心優しい

元同級生でした。

最初にゴードンは、引っ越し祝いの

ワインを贈ります。

そして、次から次へと贈り物が

さらに届きます。

そんな親切なゴードンに夫はなぜか、

ゴードンを昔から変人だったと変人扱いを

してロビンには悪口しか言いません。

食事にも夫婦を誘ってくれる彼は

どう見ても心良き親切な人でした。

ですが、その贈り物には

意味があったのでした。

ゴードンは心優しい良き人だったの

ですが、心に傷を受けていたにも

かかわらず、サイモンに何度も

チャンスを与えていたのです。

妻のロビンは、徐々に何度も来る

贈り物に不安になり、夫が何かを

隠している事に気付きます。

この映画はホラーサスペンスとして

描かれていますが、身近に起こりえる

事かもしれません。

贈り物を何度もするゴードンが

異常なのか、何かを隠すサイモンに

何かがあるのか、この映画を見て

「宇宙の法則」というものを

改めて感じました。

良い行ないは必ず自分に返って来ます。

そして逆もしかりです。

もしも、何か悪いことを過去に

誰かにされたのであれば、自分が

何もせずとも必ず違う形でその人

自身に返ってきます。

そのような意味であなたの過去に

似たような経験があったかもしれない、

そんな人にとっては理解できる痛快な

作品になると思います。

実際に行動はできなくても

「宇宙の法則」は素晴らしい

と思います。

全てはその人自身に返るのです。

内容的にホラーとかスリラーとかで

予告などでは紹介されていますが、

ちょっと怖いけど(^o^;過去に

許せない奴がいたら理解できると

思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする