「34丁目の奇跡/Miracle on 34th Street」(2006)私は本物のサンタですと彼は言うけど誰が信じるの…?!

34丁目の奇跡

「34丁目の奇跡」(2006)

34丁目の奇跡 (字幕版)

引用元 : Youtubeムービー

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

ニューヨーク・マンハッタン

34丁目に赤いサンタクロースの

服を着た酒飲みのサンタと、

普段着を来て現れた

サンタクロースを名乗るクリス。

クリスマス商戦を各店舗が

競う中、有名デパートの

コールズに雇われたサンタの

男性と、一人は普段着ですが

本物の白ひげのお爺さんでした。

お酒を飲みながら

サンタクロースを演じる男性に、

クリスは心底怒り、叱りつけます。

子供に夢を与えるサンタクロースが

それではいけないと…。

そんな彼を見てコールズの

人事役、ドリスは彼を

サンタとして雇いいれます。

すると、思いやりと子供を

扱うのに慣れた彼のユーモア

センスや子供への優しさから、

彼はすっかりおもちゃ売り場で

子供たちの人気者になって

しまうのでした。

ただ、クリスは面接時に

「自分は本物のサンタクロースである」

と主張します。

それを見たドリスは、

彼にはメンタリーにおかしな

面がある。

虚言壁があるのでは…と判断して、

医師に診断をお願いするのですが…

サンタクロースを信じない6歳の

少女との出会い。

果たして、彼は本当に本物の

サンタクロースなのでしょうか…

6歳の少女は彼を

サンタクロースとして、

認めるようになるの

でしょうか。

ストーリーは彼の虚言壁??

から裁判に発展します。

クリスは、ただの嘘つき、

もしくは精神のおかしな、

ただの年寄りのおじいさん

だったのでしょうか…?!

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】吹替えnicovideo  ←コメントを非表示大スクリーンPCでの視聴を推奨