ローン・サバイバー/Lone Survivor(2014)✨実話✨アフガンの過酷な戦闘タリバン200人対4人でたった一人生き抜いた米兵とは…?!

ローンサバイバー

ローン・サバイバー (2014)

映画『ローン・サバイバー』予告編

引用元: シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

この映画は、アフガンの激しい戦闘地帯の

中で、たった一人生き残った元米兵の

「マーカス・ラトレル」の原作、

「アフガン、たった一人の生還」の

実話を元に作られた作品です。

過酷な訓練に耐え、アフガニスタンの

戦闘真っただ中に送られたアメリカの

精鋭特殊部隊である「ネイビー・シールズ」の

米兵4人がいました。

彼らの使命は「レッドウイング作戦」

タリバン指導者を暗殺する事

アフガンの険しい山岳地帯に

ヘリから降り立った4人は、

タリバン兵に挑み

「タリバン指導者」を抹殺するべく

活動を開始します。

そして、タリバン兵200人に

対して4人で向かって行く事に

なるのですが…

過酷な戦闘の中、命からがら

脱出できた生存者は

たった一人だけでした。

アフガンというと、正に「中村医師」が

必死で平和活動を長年に渡り、

行ない続けた地でもあります。

飢えと渇きで死んでいく子供達と

原住民の為に、専門知識がないにも

かかわらず「水」を獲得する為の

用水路建設を独学で学び、

生きる為に必要な、その「用水路」を

作った地です。

一方では地道である生きる為の

活動を行ない、一方では、

恐怖政治をに強いるタリバンを

潰す作戦を正義の名目の元に行ない、

自分の命を懸けて命令に従い、

行動します。

どちらも正義の為に戦っています。

「マーカス・ラトレル」は、自身も

激しい怪我を負いながら、

仲間三人を失いながらも、

最後まで生き残った彼の体験は、

手記として出版され、

多くの人にその現状を伝えました。

二つの意思がアフガニスタンには

働いていました。

一方では、中村医師の言っていた

「武器よりも食料と水」、

医師である側から見た「命」の尊さ。

日本の特攻隊にもあった「命」を

かけて守ろうとしたものも

第二次世界大戦には存在しました。

それは命令により動かざるを

得なかった時代背景もありました。

本来は誰もが平和に暮らしたい、

皆、平和に生きたいのだと思います。

マザーテレサの言っていた

「私は平和集会には参加するが、

反戦集会には参加しない」と

いう言葉を思い出しました。

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】吹替えclipwatch クリック後広告を✖で非表示にしてPC視聴を推奨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする