タンポポ/Tampopo(1985)ラーメンは深い食べ物だという事をこの映画は基礎から教えてくれました!

タンポポ

タンポポ (1985)

tampopo
記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

ラーメンは日本人で嫌いな

人はいないのではないかと

思える位、ほとんどの人が

大好きな食べ物だと

思います。

そして、日本に来た外国人にも

人気となり、インスタントラーメン

などは世界中に広がって

います。

ラーメンにもそれなりの

ポリシーや食べ方、マナーや

哲学などがあるという事を

この映画を見て知らされました。

ラーメンの命はどこに

あるのでしょうか。

監督・脚本:  伊丹十三

多分、スープだとは

思うのですが、この映画は

「ラーメン屋」さんを

している人で知らない人は

いないのではないと思える

ほど、映画自体がラーメンの

勉強になり、それだけでなく、

映画そのものが非常に

面白く見れた映画でした。

【あらすじ】

あるラーメン屋に、

長距離トラックの

運転手であるゴローと

ガンが立ち寄ります。

そのラーメン屋は、

今にも潰れかけそうな

そんな店でした。

中に入ると店主のタンポポが

土建屋のビスケンに愛の告白を

受けていたのですが、様子が

普通ではありません。

彼女は、そのしつこさに

嫌がっていたのでした。

それを助けようとしたゴローは、

反対にやられてしまいます。

タンポポはそのゴローを

介抱します。

ゴローはラーメンに詳しく、

タンポポはゴローにラーメンの

全てを教えてほしいと

弟子にしてくれるように

頼みます。

そして、ゴローはそれを

受けて、売れるラーメン屋の

手ほどきを基礎から、

厳しく教えてくれることに

なります。

さて、今にも潰れかけそう

だったラーメン屋は、

どうなるのでしょうか。

見事再起できるのでしょうか…?!