名探偵ピカチュウ(2019)

名探偵ピカチュウ Pokémon Detective Pikachu/全世界で4億3,300万ドルもの興行収入を出した任天堂ゲームソフトからの実写映画化作品

映画『名探偵ピカチュウ』予告編:日本語字幕

映画の概要

この作品は任天堂のゲームソフトを原作として、

2016年に発売されたビデオゲームである

「名探偵ピカチュウ」を元に実写映画化され、

日本では2019年5月3日、米国では2019年

5月10日に公開されました。

ゲームファンにとっては待望の作品として

絶賛され、全世界で4億3,300万ドルの

興行収入を記録しています。

任天堂のゲームソフトを実写映画化した作品と

しては「スーパーマリオ 魔界帝国の女神(1993)」

以来となるのですが、その成果としては、

同じくレジェンダリー・ピクチャーズが製作した

「ウォークラフト」に次いで、コンピュータゲームの

映画化としては2番目に高い興行収入を記録する

結果となりました。

ティムは、父ハリーとは長く会えないで

いたのですが、ハリーが事故で亡くなったという知らせを

受けて、人間とポケモンが共存する街・ライムシティを

訪れます。

探偵業を営んでいたハリーの部屋で、ティムは

ピカチュウと出会います。

なぜかティムにはそのピカチュウの声が

成人男性のものに聞こえ、話す内容さえも

理解することができたのです。

ピカチュウは自分が記憶喪失であることを

ティムに告げ、自分はハリーのパートナー

だったに違いない、自分が生きているのだから

ハリーも生きているに違いないとティムに

訴えます。

ハリーがもしも生きているとしたなら、

なぜ彼は姿を消したのだろうか。

ティムとピカチュウは、そこから新米記者ルーシーの

協力のもと、ハリーが事故の前に追っていた謎の

事件について調査を開始するのですが…。

上映時間 105分
製作国 アメリカ
初公開年月 2019/05/03

キャスト

ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイ、スーキー・ウォーターハウス、リタ・オラ、オマール・チャパーロ、クリス・ギア、ライアン・レイノルズ

監督: ロブ・レターマン
製作: 片上秀長、ドン・マッゴーワン、メアリー・ペアレント
製作総指揮: ジョー・カラッシオロ・Jr、アリ・メンデス、石原恒和
原案: ダン・ヘルナンデス、ベンジー・サミット、ニコール・パールマン
脚本: ダン・ヘルナンデス、ベンジー・サミット、ロブ・レターマン、デレク・コノリー

今すぐ見たいFull movie

名探偵ピカチュウ(吹替版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする