「となりのトトロ」(1988) あなたの町や村にもトトロはきっといる! そんな事を思わずにいられないファンタジーの世界でした

となりのトトロ

「となりのトトロ」(1988)

My Neighbor Totoro – Official Trailer

出典元: Youtube, My Neighbor Totoro – Official Trailer

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

トトロの不思議な世界て本当にあるかもと

Eimyは信じています ❤(´ω`*) 

アニメ映画「となりのトトロ」。

いわずと知れた宮崎駿監督は

あまりにも有名ですよね。

あらゆる優れた作品を生み出し、

日本のみならず世界中に知られた

日本を代表するアニメ界の大物、

大御所とでも言ったら

良いでしょうか、

宮崎駿の生み出す作品は

ことごとくヒットし、世界中の

アニメファンから愛されて

いますね。

少女漫画にありがちな、目の中に

キラキラ星だけがいっぱいと

いうのが苦手な Eimyにとって、

大人になった今でも馴染める

自然と入っていける世界

なのです。

Eimy は時々、東京駅地下街の

アニメ通りをよく、ウロチョロ

したりして楽しむことがあるのですが、

宮崎駿のアニメグッズの店は

いつも人だかりでいっぱい

なのです。

世界中のアニメファンが、

ジブリグッズを求め、この地下街に

やって来ているようなのですが、

「となりのトトロ」は1988年の作品、

約30年も経過するというのに未だに

その人気は衰えを知らないようです。

Eimy 自身もトトロファンの一人で、

トトロの食器だけでなく、ぬいぐるみや

その他にもグッズはいくつも

持っています。

いい大人になった今でも、ついつい

ほしくなり、東京駅周辺を通ると必ずと

言っていいほど、このジブリグッズの

店だけは、見過ごして通り過ぎることが

出来ず、新商品が出ていないかと物色

してしまうんです。

もう、どれもこれも欲しくなるほどの、

ジブリグッズにあふれていて、

素敵な、可愛いトトログッズで

いっぱいなんですね。

ミニタオル、マグカップ、お皿、

キーチェーン、ベビーグッズ、

アクセサリーとどれもこれも

欲しくなるような商品に

あふれていて、新製品もよく出るので

見過ごすことが出来ず、引き込まれて

しまうんですね。

その店にいると、宮崎駿のアニメワールドに

迷い込んでしまった感覚で、そこに

いつまでいても楽しい気分に

なってしまい時間も忘れて見入って

しまう自分がいて、決して

飽きないんですね。

もう全て手に入れたくなっちゃうんです(^^)。

アニメというと、子供が見る映画という

ようなイメージが以前はあったのですが、

あの素晴らしい作品も約30年も経過すると、

子供だけでなく大人になってからも、

子供時代を思い出させてくれます。

そんなきっかけになるアニメとして、

ファンとしては忘れえない作品に

なっているんです。

「となりのトトロ」はまた、さまざまな

都市伝説さえも生みだしました。

もしも、まだ見ていない方がいたなら

是非是非見てほしい、宮崎駿の不思議な

ファンタジーワールドが味わえる作品の

一つです。

作品の舞台となるのは、テレビのない時代、

昭和30年代頃とされています。

小学生のさつきと、幼いメイの姉妹は、

母親が入院している田舎の農村の

病院の近くに父親と共に家族で

引っ越して来ます。

父親は、東京のとある大学で考古学を

教える学者肌の講師。

田舎には、いろんなモノノケが潜んでおり、

トトロもその一人(一匹??)。

家の周辺を散策しているうちに、メイとさつきは

トトロと出会い、友達になります。

そこから、トトロの不思議な

世界に引き込まれ、二人は

楽しい田舎生活を送るのですが、

ある日、母親の入院が延び、

泣き出す姉を見てメイは、一人で母親に

会うべく病院を目指すのですが、行方不明に

なってしまいます。

近所を巻き込んでの大捜索となって

しまい、途中メイの履物が落ちているのが

見つかり、捜索隊の不安は募ります。

そこから物語は進展して行くのですが、

この部分であらゆる都市伝説が

生まれています。

さつきとメイには、実際のモデルが

存在していて、実は、悲しいラストと

いうのが実話であるetc.

それが事実であるかフィクションで

あるかは定かではないのですが、

そのような都市伝説が生まれて

いるのは事実です。

youtubeなどで検索すると出て来ます。

しかし、この作品は、日本アニメの中でも

名作中の名作です。

この世界観、トトロあり、中トトロ、

小トトロ、猫バスあり、まっくろくろすけ、

不思議なモノノケがいくつも

登場してきます。

いつまでも心に残り、大人になっても、

いくつになっても忘れえないアニメです。

また、昭和30年代の田舎の

雰囲気がよく伝わって来て、

その頃の世界に行ってみたく

なります。

世界中のアニメファンにこよなく愛され、

大ヒットとなった作品なのですが、

30年経った今でも、未だにトトログッズは

売れに売れているというロングセラー作品と

なっています。

今現在、世代に関係なく、いつまでも

世界中の人々に愛され続け、残り

続けるんだなあとしみじみと

思わせる作品です。

宮崎駿監督の作品はどれをとっても、

その世界観といい、作品の描写といい、

素晴らしいものを感じさせるのですが、

なぜか「となりのトトロ」には

懐かしい子供時代を思い出させて

くれるような、いつまでも忘れられない、

いつまでも思い起こしてしまうような

不思議な魅力があります。

もしも、見てないという方が、まだいたのならば、

大人も子供も、老若男女、必ず見てほしいと、

声を大にして言いたい作品です。

ほんわか、心が温かくなる素敵な不思議な

ファンタジーワールドをあなたも、その世界に

一度はひたってほしい、おすすめの映画です。

(#’◇’#) 超おすすめなです。

 絶対見てくださいね !!!

原作・監督・脚本 : 宮崎駿

政策 : スタジオジブリ

登場人物

サツキ(草壁サツキ)/(声:日髙のり子)

メイ(草壁メイ)/(声:坂本千夏)

お父さん(草壁タツオ)/(声:糸井重里)

お母さん(草壁靖子)/(声:島本須美)

トトロ(大トトロ)/(声:高木均)

中トトロ(青い毛で小トトロより一回り大きい)

小トトロ(白い毛)

ネコバス/(声:龍田直樹)

まっくろくろすけ(ススワタリ)

おばあちゃん/(声:北林谷栄)カンタの祖母

カンタ(大垣勘太)/(声:雨笠利幸)サツキのクラスメイト

[数々の賞を受賞]

第3回AVA国際映像ソフトフェア ビデオ部門アニメビデオ賞

第12回山路ふみ子映画賞 映画賞

第13回報知映画賞 監督賞

1988年度キネマ旬報ベストテン 日本映画ベストテン第1位、

読者選出日本映画ベストテン第1位、読者選出日本映画監督賞

1988年度毎日映画コンクール 日本映画大賞、大藤信郎賞

第29回優秀映画鑑賞会会員選出ベストテン 日本映画第4位

第31回ブルーリボン賞 特別賞

日本映画ペンクラブ1988年度ベスト5 邦画部門第2位

1988年度第24回映画芸術ベストテン 日本映画第1位

第6回日本アニメ大賞・アトム賞 最優秀作品賞、脚本部門最優秀賞、

美術部門最優秀賞、主題歌部門最優秀賞

昭和63年度(第39回)芸術選奨文部大臣賞

第20回星雲賞メディア部門

芸術選奨芸術作品賞

文化庁優秀映画製作奨励金交付作品

昭和63年度厚生省・中央児童福祉審議会特別推薦

シティロード読者選出ベストテン’88 ベストシネマ邦画第1位、ベスト監督第3位

1988年度シネフロント・ベストテン 日本映画ベストテン第1位

1988年度全国映連賞 作品賞、監督賞

第11回アニメグランプリ(アニメージュ)作品賞第1位

Time Out London誌 アニメ長編映画オールタイムトップ50 第1位