「完全なるチェックメイト/Pawn Sacrifice」(2015)✨実話✨冷戦時代天才と呼ばれた二人のチェスの最終対局で放った勝利者の驚愕の一手とは…!?

完全なるチェックメイト

「完全なるチェックメイト」(2015)

トビー・マグワイアが実在のチェスプレイヤーを怪演!映画『完全なるチェックメイト』予告編

引用元:シネマトゥデイ

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

事実に基ずく物語です。
奇才を発する「トビー・マクガイア―」が
主演を務め、制作にもかかわった映画です。

1972年というと、アメリカ・ソ連の
冷戦時代に当たり、その時の歴史的な
チェス大会において、一人はソ連の
絶対王者とも言われた「ボリス・スパスキー」

対する一方は、アメリカを代表する
IQ187を持つ天才チェスプレイヤーの
「ボビー・フィッシャー」でした。

その当時の背景がソ連とアメリカの
冷戦時代という事もあり、大国出身の
二人の対戦は、東西冷戦の代理戦争
ともいわれました。

その時代に生まれた二人のチェスの天才。

時代の背景が戦争という事で、
二人はその背景を背負いながら
戦うという事を余儀なくされました。

現代なら、自由の国アメリカ、
そしてソ連も共産主義政権という時代の
中で、現代とはだいぶ違う、
ほぼ自由がないと言われた時代でした。

現代に生まれていたなら、
お互いを良きライバルとして、もしかしたら
良い友情も生まれていたのかも
しれません。

時代が時代だけに、その思いは複雑な
部分が出て来る時代であったのかも
しれません。

この時代はインターネットも
一般に普及されておらず、何につけても
これからという時代で、一家に一台の
パソコンというほどでもなく、さらに
スマホやアイフォンなどの携帯電話も
ない時代でした。

この頃のポピュラーなゲームが
欧米などでは、チェス、日本では将棋や
囲碁がポピュラーで、初期のテレビゲーム
なども、数年後のこれから出るという
そんな感じの時代でした。

今では、ゲームも多種多義に渡り、
数えられないほどのゲームに溢れています。
老いも若きも何らかのゲームを自由に
楽しめる時代です。

1972年、この時の二人の対戦は
どのようなものだったのでしょうか。

そして、その大きな時代の背景を
背負って最後に勝利の旗を振った
ボビー・フィッシャー、

変人と言われていた彼の素顔は
どのような人となり、人物で
あったのでしょうか。

彼が対局で放った驚愕の一手とは…?!

【今すぐ見たいFull movie】【無料動画】吹替えvidoza