「めぐり逢えたら」(1993)偶然聞いたラジオで切々と語る亡き妻の思い出…それがもたらしたものとは…?!

meguri_ic

「めぐり逢えたら」(1993)

めぐり逢えたら (字幕版) – 予告編

引用元 : Youtubeムービー

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

いつも孤独の中にいたサム。

彼は愛する妻を癌で

亡くしてしまい、

心が折れていたのです。

そんな父親をいつも

心配していた息子の

ジョナは、父親のサムに

幸せになってほしいと

いつも願っていました。

父親に新しい奥さんが

出来ればきっと、

また以前のように

明るく幸せな父親に

戻ると信じていたのです。

そして、ある日、

ラジオの視聴者相談の

番組に電話相談の

申し込みをするのでした。

その頃、新聞記者のアニーは

婚約者であるウォルターには、

良い人ではあるけれど、

運命の人ではないと

感じていました。

そんな中、偶然聞いた

ラジオの相談番組の中で、

サムが語る亡くなった

妻の思い出話を聞き、

アニーは同情と感動を

感じて、泣いてしまう

のでした。

そのラジオを聞いていた

他の沢山の女性からも、

サムに対しての大きな

反響があり、なんと

ラジオ局には電話が殺到し、

サムにはその女性たち

からのラブレターが

大量に届きます。

そんな状況の中で、

仕事仲間にも彼の

現況はばれてしまい、

サムは再婚の気持ちを

強くしていくのでした。

そして、アニーは

顔も知らないサムに

会いたいと気持ちを

募らせ、ラブレターを

送り、取材を名目に

一度は会いに行くの

ですが話しかける事は

出来ないでいました。

そんな二人に奇跡は

やって来るのでしょうか。

運命の女神は、サムに

最愛の妻のように

再度愛せる女性と

めぐり逢えるように、

ハートの矢を射って

くれるのでしょうか。