ハドソン川の奇跡/Sully(2016) ✨実話✨全エンジン停止の不時着の中…機長はどのように全員の命を助けたのか…?!

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡(2016)実話

「ハドソン川の奇跡」特別映像

引用元: Youtube by ナタリー

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

クリント・イーストウッド監督

による、「事実に忠実に」を

モットーに、2009年1月15日に

実際に起きた、USエアウェイズ

1549便の不時着着水事故を元に

作成された映画です。

1549便はニューヨーク・マンハッタン

の上空850メートルを航行中、

「バードストライク」という

「鳥との衝突」に会い、

全エンジン停止というトラブルに

見舞われ、飛行機は危機に

陥ってしまいます。

機長のサリー(チェスリー・サレンバーガー

(トム・ハンクス主演))は、

その危機の中でも冷静な判断で、

飛行機をハドソン川に

不時着させます。

それがこの映画を生む

「奇跡のハドソン川」の

意味をなすところなのですが…

何と飛行機事故である不時着

にもかかわらず、乗客全員、

一人の命も失うことなく、

155名全員が助かるという

前代未聞の奇跡を

起こしたのです。

クリント・イーストウッドは

実話の忠実な再現にとことん

こだわり、機長のサリー本人に

会い彼との会話から始まり、

その当時の救助に当たっていた

人々にも声をかけ、映画にも

出演してもらうという事まで

成し遂げていました。

現場で救助に

駆け付けた船の船長、

ヘリコプター、ダイバーも、

実際の本人が映画の中で

演じてもらっていると

いうから驚きです。

機長のサリーは155名

全員の命を救ったにもかかわらず、

映画の中では、彼の判断に

間違いがなかったかという、

厳しい追及を国家安全運輸委員会

(NTSB)から受けるのでした。

事実を元に忠実に描かれた

この映画は「クリント・イーストウッド」

と「トム・ハンクス」という名優、

名監督のコンビだから成しえた

という人も少なくありません。

155名の命を救った奇跡の機長、

必見の映画です。

【今すぐ見たいFull movie】

【無料動画】吹替えaparat ←クリック後広告を✖で消しPCでの視聴を推奨