Disney’s「クリスマスキャロル」(2009)ジムキャリーは一人で7役・悪者になっても演技力抜群でした

クリスマスキャロル

Disney’s「クリスマスキャロル」(2009)

映画「 クリスマス・キャロル」 予告

引用元:Youtube by jdochjofivjf

記事中

Sponsored Link




【映画の概要】

さすがです。

ジムキャリー、7役を見事に

成りきって見事に別人に

なっています。

やはり、彼は天才的な

エンターテインメントと

言えるのではないでしょうか。

コメディアンとしての才能

だけでなく、何をやっても

こなしてしまいます。

悪者になったジムキャリーも、

「え、これが、あのコメディアン?」と

思わせるほどの健闘ぶりです。

【あらすじ】

クリスマスの忙しい時期、

ケチで、頑固者として街でも

有名な老人スクルージは、

嫌われ者として知られて

いました。

クリスマス・イブの日も、

ずっとお金の感情ばかり

していました。

周囲の人々に何一つとして、

温かい言葉をかけることなく、

彼の頭の中はお金の事しか

ありません。

もう十分にお金持ちだと

いうのに…。

そんな日の夜に、いつものように、

たったひとりで過ごしていた

スクルージの前に精霊が

現れたのです。

そして、精霊は彼の過去、

現在、未来を見せてあげようと、

彼をその世界へ巡る旅へと

連れ出すのでした。

彼も昔は貧しくて孤独だった

時代もありました。

そして、今ではすっかり

お金持ちになり、富と

引き換えに人との絆を

失ってしまっていました。

そして最後に彼の未来は

どうなっているのでしょうか。

彼を精霊は未来へと

連れ出します。

その未来を見たスクルージは

愕然とします。

そして彼は気が付くのです…

本当のクリスマスの深い意味を…。