竜とそばかすの姫(2021)

竜とそばかすの姫/壮大なスケールで描かれるSFファンタジー

『竜とそばかすの姫』予告2【2021年7月16日(金)公開】

映画の概要

壮大なスケールのアニメ映画を見ると

ワクワクしてしまうのは子供だけでなく、

大人にも意外と多いのではないでしょうか。

今回のこちらの作品も、現代社会に即した

壮大なテーマを元に作成されています。

「時をかける少女」「サマーウォーズ」と

いった作品が見る者の心をわしづかみにして、

その世界に入り込んでしまうほどの面白い

作品だったのですが、今回のこちらの作品も

同監督、細田守氏が手掛けた作品です。

50億人もの人々が集うインターネットの

仮想世界で歌姫として人気者となった普段は

素朴な田舎の女子高生を主人公に贈る壮大な

オリジナル長編SFファンタジー・アニメーション。

高知の美しい自然の田舎で、のんびりと

普通に高校生活を送っていた女子高生の

「すず」という少女がいました。

彼女は、歌が大好きで子供の頃はよく歌って

いたのですが、母親を事故で亡くしてからは、

大好きな歌もストップしてしまい、人前で

歌うこともできなくなっていました。

ある日のこと、そんな彼女の前に

インターネットの世界で、50億人以上もの

人々が集うという仮想世界「U(ユー)」と

いう世界が現れます。

そこでは誰もが「As(アズ)」という

分身キャラクターを持つことができ、現実の

自分とは別のキャラクターがもう一つの自分と

して、別の人生を生きる事ができていました。

そこでは、すずはベルという「Asの名前」を

持ち、現実とは違って思う存分歌うことが

できる自分がいました。

すずは、ベルという名前で生きる世界では、

あっという間に有名な人気歌手の歌姫として

世界中で知れ渡るようになります。

そんな世界で、ある日のこと、ベルの前に

「竜」という謎の何者かが現れ、ベルの

コンサートをめちゃくちゃにしてしまいます。

謎の「竜」という者。

それは一体誰なのか…その正体を求めて

追跡が始まります。

そして、仮想世界「U」だけでなく現実世界の

両方から「竜」を削除しようと、日毎に追跡が

激しくなっていきます…。

製作国:日本
製作年:2021年
日本公開日:2021年7月16日
上映時間:121分

声の出演

中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、森山良子、清水ミチコ、坂本冬美、岩崎良美、中尾幸世

監督:細田守
脚本:細田守
原作:細田守
作画監督:青山浩行
CG作画監督:山下高明
美術監督:池信孝
音楽監督:岩崎太整
音楽:岩崎太整、Ludvig Forssell、坂東祐大
プロダクションデザイン:上條安里、Eric Wong
CGキャラクターデザイン:Jin Kim、秋屋蜻一

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする